by Kida Yasuo

読めますか? テーマは〈発酵〉です。

スポンサーリンク

答え
こうじ
(正解率 86%)

米などを蒸して、こうじ菌を繁殖させたもの。こうじの漢字は通常「麹」だが、固有名詞で「糀」も少なくない。糀は日本製の漢字。健康的な万能調味料として塩こうじがブームとなった。

(2012年02月27日)

選択肢と割合

こうじ 86%
こうぞ 3%
もろみ 12%


醸す

答え
かもす
(正解率 94%)

こうじに水を加えて酒やしょうゆなどを造ること。「物議を醸す」という慣用句もよく使われる。「こうじ」の語源は「かもし」という説がある。

(2012年02月28日)

選択肢と割合

いぶす 3%
かもす 94%
じょうす 3%


熟れ鮨

答え
なれずし
(正解率 79%)

「馴れ鮨」などとも書く。酢を用いず、魚を米飯とともに塩漬けにしたもの。自然発酵で独特のうまみが出る。すしの原形で、滋賀県のふなずしが有名。現在の握りずしは江戸時代に華屋与兵衛が考案したとされる。

(2012年02月29日)

選択肢と割合

うれずし 20%
すれずし 1%
なれずし 79%


粕取り焼酎

答え
かすとりしょうちゅう
(正解率 95%)

糟取り焼酎とも。酒かすを再発酵させて蒸留し造った焼酎。終戦後間もなく、米や芋から取った粗悪な密造酒のことを粕取り焼酎、略して粕取りといった。またそれを3合飲めば酔い潰れることから、3号続けば潰れるような低俗雑誌をカストリ雑誌といった。現在は戦後の粗悪品と関係ない粕取り焼酎が売られている。酎は常用漢字になったが、粕・糟は不採用。

(2012年03月01日)

選択肢と割合

かしわどりしょうちゅう 2%
かすとりしょうちゅう 95%
はくとりしょうちゅう 3%


白酒

答え
しろざけ
(正解率 81%)

蒸したもち米にこうじ・みりんなどを加えて造った、甘くて白く濃い酒。ひな祭りに供える。「すこし白酒めされたか」は童謡「うれしいひな祭り」の3番の一節。白酒はアルコール約9%。アルコール分ゼロか、ほとんど含まれない甘酒とは別物だ。

(2012年03月02日)

選択肢と割合

しらざけ 18%
しろざけ 81%
はくざけ 2%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ