読めますか? テーマは〈平清盛〉です。

スポンサーリンク

入道相国

答え
にゅうどうしょうこく
(正解率 50%)

平家物語では出家後の平清盛のこと。相国は国を相(たす)ける人の意で、太政大臣などを指す。清盛は「六波羅殿」などとも称される。

(2012年01月30日)

選択肢と割合

にゅうどうあいこく 9%
にゅうどうしょうこく 50%
にゅうどうそうこく 41%


平忠度

答え
たいらのただのり
(正解率 67%)

平清盛の弟。歌人としても有名。一ノ谷(神戸市)の合戦で源氏に敗れ討たれる姿が平家物語で描かれる。昔、無賃乗車のことを「薩摩守(さつまのかみ)」と言ったが、これは彼が薩摩守とも呼ばれていたことから「ただのり」と引っかけただじゃれ。

(2012年01月31日)

選択肢と割合

たいらのただすけ 17%
たいらのただのり 67%
たいらのただもり 15%


廿日市市

答え
はつかいちし
(正解率 93%)

広島県。世界遺産の厳島神社がある。平清盛が信仰し、社殿の修造も行った。廿は十の字が二つ並ぶことで二十を意味する。毎月20日に市が立つことが市名の由来。3月には「宮島清盛まつり」がある。

(2012年02月01日)

選択肢と割合

あまひいちし 1%
ようかいちし 6%
はつかいちし 93%


答え
すずき
(正解率 55%)

スズキは出世魚。成長に応じセイゴ、フッコ、スズキと名を変える。平家物語の序盤で、平清盛が船で熊野権現へと詣でる途中、大きなスズキが船に躍り入ったのを吉事とみなし、子や侍たちに食べさせた。それが平家繁栄のきっかけになったという。ちなみにNHK大河ドラマ「平清盛」での上川隆也さんの役名が鱸丸。

(2012年02月02日)

選択肢と割合

おこぜ 19%
しゃち 26%
すずき 55%


物怪之沙汰

答え
もっけのさた
(正解率 43%)

平家物語のエピソードの一つ。平清盛が福原(神戸市)にいるとき、庭に無数のしゃれこうべがうごめいていた。そのうち一つにまとまって大きな山のようになり、清盛をにらんだ。清盛もにらみ返すと、消えうせたという。もっけは思いがけないこと。「もっけの幸い」のもっけだ。沙汰の沙も汰も2010年追加の常用漢字。

(2012年02月03日)

選択肢と割合

ぶっかいのさた 3%
もっけのさた 43%
もののけのさた 54%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から