読めますか? テーマは〈ひと言〉です。

スポンサーリンク

一言一行

答え
いちげんいっこう
(正解率 51%)

一つの言葉と一つの行い。「一言」は「ひとこと」「いちげん」「いちごん」の3通りの読みがあり、用例ごとに覚えなければならない。一言一行は「政治家たるもの一言一行を慎まなければ」などの形で用いる。

(2012年01月23日)

選択肢と割合

いちげんいっこう 51%
いちごんいちぎょう 47%
ひとこといっこう 1%


食言

答え
しょくげん
(正解率 59%)

口に出した言葉をまたのみこむことから、言ったことを実行しないことをいう。また、前に言ったこととは違うことを言う、うそをつく--という意味合いもある。どうしても昨今の政治へと連想が働いてしまう。

(2012年01月24日)

選択肢と割合

じきごん 35%
しょくげん 59%
たべごと 6%


一家言

答え
いっかげん
(正解率 50%)

独自の考えのこと。何かの分野で「一家言ある」という形で使う。知ったかぶりして「いっかごん」なんて言うと「いいかげん」と思われるので注意。

(2012年01月25日)

選択肢と割合

いっかげん 50%
いっかごん 45%
いっけごん 5%


一言居士

答え
いちげんこじ
(正解率 83%)

「いちごんこじ」ともいう。何かにつけてひとこと言わずにいられない人。会議で結論が出そうになったときに「話を戻しますがそもそも」とまぜっかえす人などに使われる。「居士」は元々は仕官しない有徳の人のことだったが、今は死後に男性につける戒名として知られる。

(2012年01月26日)

選択肢と割合

いちげんこじ 83%
いちごんきょし 16%
ひとこといし 1%


片言隻句

答え
へんげんせっく
(正解率 55%)

ほんのちょっとした言葉。同じ意味で「片言隻語」ともいう。「変言拙句」ともじりたくなるような失言で辞めた閣僚のなんと多いことか。片言隻句をおろそかにしない政治家はいずこに。

(2012年01月27日)

選択肢と割合

かたことせっく 4%
へんげんせっく 55%
へんごんせっく 41%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から