読めますか? テーマは〈年賀状〉です。

スポンサーリンク

頌春

答え
しょうしゅん
(正解率 39%)

新年をたたえること。年賀状に「賀正」「迎春」などとともによく用いられる。ただし、目上には「謹賀新年」や「謹んで新年のおよろこびを申し上げます」などの方がよく、2文字のあいさつは同格や目下に向けるべきだとする向きもある。

(2012年01月04日)

選択肢と割合

こうしゅん 58%
さんしゅん 3%
しょうしゅん 39%


御祝詞

答え
ごしゅくし
(正解率 20%)

おいわい。祝詞と祝辞は同じ意味。年賀状に「謹んで新春の御祝詞を申し上げます」と用いられる。なお「祝詞」は「のりと」とも読み、その場合は神主が神に述べる言葉を意味する別語。しかし普通「のりと」に「御」などの接頭語は付けない。

(2012年01月05日)

選択肢と割合

ごしゅくし 20%
ごしゅくじ 50%
ごのりと 31%


壬辰

答え
みずのえたつ
(正解率 76%)

60年に1度巡ってくる十干十二支の一つ。音読みでは「じんしん」だが壬申の乱で有名な壬申と同じで紛らわしい。2012年は壬辰の年。年賀状の末尾に記す人もいる。なお十干の訓読みは甲(きのえ)、乙(きのと)……壬(みずのえ)、癸(みずのと)と、最後が「え」「と」の順でつながっている。それで「えと」というようになったといわれる。

(2012年01月06日)

選択肢と割合

みずのえたつ 76%
みずのとたつ 18%
みずちたつ 7%


丁年

答え
ていねん
(正解率 36%)

強壮の年に丁(あた)ることから、一人前として認められる年齢、つまり満20歳を表す。だが、60歳という意味もある。丁年と字は違うが、定年は第二の成人かもしれない。

(2012年01月11日)

選択肢と割合

ちょうねん 38%
はたち 26%
ていねん 36%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から