読めますか? テーマは〈旧字体〉です。

スポンサーリンク

答え
だい
(正解率 54%)

「台」の旧字体。12月12日に「今年の漢字」1字が発表されるが、中国や台湾でも日本にならって今年を表す漢字を公募しているという。台湾は日本からみれば旧字を使っていて、中国の簡体字よりは読みやすいかもしれない。しかし、臺の場合は酷似した「壹」(壱の旧字)があるなど、読み間違いに注意しなければならない。

(2011年12月12日)

選択肢と割合

いち 28%
だい 54%
とう 18%


答え

(正解率 75%)

「弐」の旧字体。弐は「二」と書くと後で一本書き加えられ「三」に改変されることなどを防ぐために用いられる大字(だいじ)の一つ。2010年の改定後も常用漢字表に「弐(貳)」と掲げられている。

(2011年12月13日)

選択肢と割合

4%
しき 21%
75%


答え

(正解率 51%)

「図」の旧字体。口がたくさんある不思議な図だ。くにがまえの中はシャネルの香水ナンバー5の瓶に似ていると言った人がいた。実は穀物蔵を表し、その所在を表したのが圖の由来という。鄙(ひな)、つまり田舎という意味の字の仲間だ。

(2011年12月14日)

選択肢と割合

20%
かい 29%
51%


答え
ちゅう
(正解率 38%)

「昼」の旧字体。昼は元々俗字だった。下の方しか似ていないが、同様な略し方は「盡」→「尽」など他にもある。旧字体は「晝間(ひるま)」の姓などとして見かける。「画」の旧字「畫」や「書」の字と紛らわしい。

(2011年12月15日)

選択肢と割合

30%
しょ 32%
ちゅう 38%


答え
きゅう
(正解率 58%)

「旧」の旧字体。上の部分は角状の羽毛の付いた鳥、つまりミミズクを表した。部首「隹」を「ふるとり」というのは、この字に含まれるからという。「臼」の部分が「旧」になるのは「兒」が「児」になるのと同じだ。

(2011年12月16日)

選択肢と割合

15%
きゅう 58%
ふん 26%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ