読めますか? テーマは〈親鸞〉です。

スポンサーリンク

御正忌

答え
ごしょうき
(正解率 61%)

亡くなったのと同月同日のことで、故人を敬った言い方。特に浄土真宗で親鸞の忌日に行う仏事を表す。親鸞の命日は陰暦11月28日。この日まで各地で「御正忌報恩講」が行われる。ただし新暦に直して1月に行うところや、月遅れの12月に行うところもある。2011年は七百五十回忌。

(2011年11月28日)

選択肢と割合

おんせいき 15%
ぎょせいき 24%
ごしょうき 61%


愚禿

答え
ぐとく
(正解率 54%)

僧侶が自分をへりくだっていう語。また親鸞の自称。親鸞は自分を「僧にあらず俗にあらず。この故に禿の字をもって姓とす」とした。「愚禿鈔(ぐとくしょう)」という著述もある。なお、親鸞の鸞(らん)は中国の伝説の鳥を表す字。

(2011年11月29日)

選択肢と割合

おろかむろ 21%
ぐしゅう 25%
ぐとく 54%


門侶

答え
もんりょ
(正解率 63%)

一般的な国語辞典には見いだせない語だが、門弟と同じ意味で、特に浄土真宗で用いられる。親鸞の語録「歎異抄(たんにしょう)」によると、親鸞は弟子を一人も持たなかったという。しかし「親鸞門侶交名牒(きょうみょうちょう)」などの史料によると、教団が形成されていたことがうかがえる。侶は2010年に追加された常用漢字で「つれの者」との意味合いがある。

(2011年11月30日)

選択肢と割合

もんと 13%
もんりょ 63%
もんろ 24%


悪人正機

答え
あくにんしょうき
(正解率 65%)

悪人こそが阿弥陀(あみだ)仏に救済され往生を遂げるという意味。親鸞の教えを著した「歎異抄(たんにしょう)」の「善人なをもて往生をとぐ。いはんや悪人をや」という一節で有名。悪人とは煩悩を断てない人間のこととされる。つまり我々のことか。

(2011年12月01日)

選択肢と割合

あくじんしょうき 21%
あくにんしょうき 65%
あくにんせいき 13%


無明の闇

答え
むみょうのやみ
(正解率 95%)

「むみょうのあん」ともいう。悟りを得られない状態を闇夜に例えた仏教の用語。「無明」単独では「むめい」の読みを載せる辞典もある。親鸞の著書「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の冒頭で「無礙(むげ。無碍とも書く)の光明は無明の闇を破する慧日(えにち)なり」と、阿弥陀(あみだ)仏を光に例え救済を説く。闇は2010年、「やみ」の訓読みで常用漢字になった。

(2011年12月02日)

選択肢と割合

ぶめいのやみ 3%
むあけのやみ 2%
むみょうのやみ 95%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ