読めますか? テーマは〈酒食用具〉です。

スポンサーリンク

卓袱台

答え
ちゃぶだい
(正解率 94%)

食事用の台のこと。脚は短く、折り畳みできることが多い。「ちゃぶ」は茶飯の中国音chafan、あるいは中国風の食卓「卓袱」(卓袱=しっぽく=料理として長崎に伝わる)のchofuからきたという。また一説に、食事のことを「ちゃぶちゃぶ」といったことからとも。なお「ちゃぶ台をひっくり返す」という表現を見ることがある。漫画・アニメ「巨人の星」からきた新しい慣用句となるかもしれない。

(2011年11月07日)

選択肢と割合

たたきだい 2%
たっぷだい 4%
ちゃぶだい 94%


備長炭

答え
びんちょうずみ
(正解率 55%)

「びんちょうたん」ともいう。熊野産の良質の木炭。元禄年間の商人、備中屋(びっちゅうや)長左衛門が広めた。その名に基づく命名という。現代でも焼き鳥屋やウナギ屋などで用いられるブランド品である。

(2011年11月08日)

選択肢と割合

そなえながずみ 0%
びちょうたん 44%
びんちょうずみ 55%


利久箸

答え
りきゅうばし
(正解率 85%)

利休箸とも書く。中央を太く、両端を細く削った箸。千利休が考案したといわれる。「利久」は「利を休む」との意を嫌って「利が久しい」と字を替えたとか。箸は昨年採用の常用漢字。

(2011年11月09日)

選択肢と割合

としひさばし 1%
りきゅうばし 85%
りくばし 14%


行平鍋

答え
ゆきひらなべ
(正解率 91%)

「雪平鍋」とも書く。取っ手や注ぎ口の付いた鍋。平安時代の歌人、在原行平(「伊勢物語」で有名な在原業平の兄)が、須磨に流された際、海女に潮をくませて塩を焼いたという故事に基づく。鍋は昨年採用の常用漢字。

(2011年11月10日)

選択肢と割合

ぎょうへいなべ 5%
こうへいなべ 3%
ゆきひらなべ 91%


瓶子

答え
へいし
(正解率 66%)

「へいじ」ともいう。酒を注ぐための容器。口と下部が狭く上部が膨らんだ、とっくりのようなもの。鹿ケ谷(ししがたに)で平家打倒の談合をする人々が、瓶子が倒れたことで「平氏が倒れた」と喜んだという。「平家物語」が伝える古典的おやじギャグだ。

(2011年11月11日)

選択肢と割合

さじ 25%
びんご 9%
へいし 66%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から