読めますか? テーマは〈米〉です。

スポンサーリンク

神嘗祭

答え
かんなめさい
(正解率 93%)

「しんじょうさい」ともいう。その年に取れた新しいコメを神に供する祭り。伊勢神宮では10月15~17日に、皇居では17日に行われる。これとは別に新嘗祭(にいなめさい)が皇居などで11月23日にある。新嘗祭も音読みすると「しんじょうさい」だが、ともに訓読みが一般的。

(2011年10月17日)

選択肢と割合

かんなめさい 93%
じんたんさい 4%
だいじょうさい 3%


糯米

答え
もちごめ
(正解率 14%)

粘り気が多く餅や赤飯にするのに適したコメ。「餅米」の字でも間違いではないが、平仮名表記の「もち米」が多いせいかあまり広がっていない。なお日常的に食べるのは粳米(うるちまい)。

(2011年10月18日)

選択肢と割合

うるちまい 77%
もちごめ 14%
ぬかごめ 9%


稲架

答え
はさ
(正解率 55%)

「いなかけ」「はざ」「はせ」などともいう。刈り取った稲をかけて乾燥させるための木製のもの。秋の田園風景を詠む俳句の季語として使われる。

(2011年10月19日)

選択肢と割合

いなか 21%
いねこき 24%
はさ 55%


端境期

答え
はざかいき
(正解率 90%)

前年取れた古米が乏しくなり新米がまだ十分出回らない9、10月ごろのこと。また、コメに限らず季節性の商品や物事の入れ替わりの時期をいう。コメについては現在、それほど使われなくなっているようだ。

(2011年10月20日)

選択肢と割合

たんきょうき 5%
はざかいき 90%
はたがいき 4%


胚芽米

答え
はいがまい
(正解率 97%)

胚芽とは種のうち芽となる部分のこと。胚芽米はそれが残るようについた米で、取り除いた白米よりも栄養がある。胚の字は常用漢字ではないが、新聞では読み仮名なしで使うようになっている。

(2011年10月21日)

選択肢と割合

はいがまい 97%
ほうがまい 3%
わかめまい 0%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ