読めますか? テーマは〈目〉です。

スポンサーリンク

夜目遠目笠の内

答え
よめとおめかさのうち
(正解率 69%)

夜の暗がりや、遠方から、また笠をかぶった顔の一部だけ見ると、女性は実際より美しく見えるということわざ。上方系いろはカルタで使われたが、時田昌瑞氏によると、「傘」をさした女性の図も「笠」と同じくらい見られ、必ずしも「傘が間違いとは言えない」という(岩波ことわざ辞典)。

(2011年10月11日)

選択肢と割合

やめとおめかさのうち 23%
よめとおめかさのうち 69%
よるめとおめかさのうち 7%


眉目

答え
びもく
(正解率 81%)

「みめ」とも読むが、「みめ」は「見目麗しい」など「見目」を用いることが多い。「びもく」は眉と目のことだが、主に「眉目秀麗」など容貌の意味で用いる。眉は「ビ」「ミ」「まゆ」の音訓で昨年、常用漢字になった。

(2011年10月12日)

選択肢と割合

びもく 81%
まゆめ 4%
みけん 16%


虹彩

答え
こうさい
(正解率 90%)

眼球の水晶体の前面にあり、瞳孔を囲むリング状の膜。目に入る光の調節をする。本人確認のための虹彩認証が広がっている。英語でiris(アイリス)。虹は昨年追加された常用漢字だが「にじ」の訓のみで音読みコウは不採用だった。にじは中国では不吉なきざしとされていたという。

(2011年10月13日)

選択肢と割合

きらめき 7%
こうさい 90%
にじあや 2%


麦粒腫

答え
ばくりゅうしゅ
(正解率 87%)

まぶたのできもの。地方によってさまざまな呼び方がある。ロート製薬の調査では、ものもらい35%、めばちこ28%、めいぼ7%、めんぼ5%。他にめっぱ、ばか、おひめさんなど。関東では主に「ものもらい」。筆者(広島出身)は「めぼ」といっていた。腫は昨年、常用漢字になった。

(2011年10月14日)

選択肢と割合

ばくがしゅ 11%
ばくりゅうしゅ 87%
むぎつぶばれ 2%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ