読めますか? テーマは〈金〉です。

スポンサーリンク

「金の草鞋」で探す

答え
かねのわらじ
(正解率 37%)

「金の草鞋で尋ねる」とも。根気よく探すこと。ここでの「金」は「鉄」と同じ。いくら履いても履きつぶれないことから、どこまでも探し求めて歩き回る様子を指すようになった。年上の嫁を探すとよいとの勧めの意味でよく用いられたようだ。

(2011年10月03日)

選択肢と割合

かねのわらじ 37%
きんのぞうり 7%
きんのわらじ 56%


黄金の波

答え
こがねのなみ
(正解率 77%)

黄金色に光る波のこと。またはたくさんの稲穂が風にゆれるさまを表す。ちなみに金波(きんぱ)は日光や月光に照らされ、波がきらめく様子。

(2011年10月04日)

選択肢と割合

きがねのなみ 3%
こがねのなみ 77%
こんじきのなみ 20%


金木犀

答え
きんもくせい
(正解率 92%)

モクセイ科の常緑樹。秋にだいだい色の小さな花を密集してつける。その芳香が漂ってくると秋を感じる人も多いはず。犀は動物のサイに用いる字。モクセイに用いるのは幹がサイの皮に似ているからという。

(2011年10月05日)

選択肢と割合

かなぶん 0%
きんもくさい 7%
きんもくせい 92%


金烏

答え
きんう
(正解率 31%)

太陽の異称。太陽の中に3本足のカラスがいるという伝説から。3本足のカラスといえば日本サッカー協会の紋章などに使われているヤタガラス。なでしこジャパンはロンドン五輪で「金」を目指す。

(2011年10月06日)

選択肢と割合

きんう 31%
きんちょう 36%
こんう 33%


金比羅

答え
こんぴら
(正解率 90%)

「金毘羅」とも書く。仏法の守護神の一つ。ガンジス川のワニが神格化されたという。日本では、航海の安全を守るとされる。また、香川県琴平町の金刀比羅宮(ことひらぐう)のこと。東京、尾張(愛知県一宮市)、神戸、鳥羽、松山、出雲に分社がある。10月9~11日には金刀比羅宮例大祭がある。

(2011年10月07日)

選択肢と割合

きんぴら 6%
ことひら 4%
こんぴら 90%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ