読めますか? テーマは〈民謡〉です。

by Jean-Pierre Dalbéra

スポンサーリンク

斎太郎節

答え
さいたらぶし
(正解率 74%)

「さいたろうぶし」ともいう。宮城県・牡鹿(おじか)半島沿岸の民謡。「エンヤトット」の掛け声とともに「松島のサーヨー瑞巌寺ほどの」と大漁を祝う。「大漁歌い込み」の一曲として広まった。「サイタラ」などのはやし言葉を「斎太郎」の字に当てたという。

(2011年09月26日)

選択肢と割合

いつきたろうぶし 3%
さいたらぶし 74%
さったろうぶし 24%


田原坂

答え
たばるざか
(正解率 83%)

熊本市(旧田原村)にある坂。西南戦争の激戦地で、民謡「田原坂」にその様子が歌われる。「雨は降る降る人馬(陣羽とも)はぬれる 越すに越されぬ田原坂」「山にしかばね川に血流る 肥薩(ひさつ)の天地 秋にさびし」

(2011年09月27日)

選択肢と割合

たばらざか 4%
たばるざか 83%
たわらざか 13%


安来節

答え
やすぎぶし
(正解率 97%)

島根県・安来地方の民謡。「やすきぶし」を併記する辞書もあるが、地名としては「やすぎ」が正しい。滑稽(こっけい)な踊り、ドジョウすくいで有名。野田佳彦首相が自らをドジョウになぞらえたことで、安来節も脚光を浴びることになった。

(2011年09月28日)

選択肢と割合

あんこぶし 2%
やすぎぶし 97%
やすこぶし 1%


素唄

答え
すうた
(正解率 21%)

伴奏や踊りなしの唄だけ、または三味線の伴奏だけで歌うこと。唄は2010年採用の常用漢字。しかし「唄う」の例は掲げられず、新聞用語では「動詞では使わない」としている。

(2011年09月29日)

選択肢と割合

すうた 21%
そうた 15%
もとうた 64%


馬子唄

答え
まごうた
(正解率 96%)

馬子とは馬を引いて人や荷物を運ぶ者のこと。「馬子にも衣装」の慣用句で知られる。馬子唄は馬子が馬を引きながら歌った唄。「箱根八里は馬でも越すが」と歌うのは「箱根馬子唄」。

(2011年09月30日)

選択肢と割合

うまごうた 2%
ばこうた 2%
まごうた 96%


春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter