読めますか? テーマは〈「八」の付く地名〉です。

スポンサーリンク

養父市八鹿町

答え
やぶしようかちょう
(正解率 51%)

兵庫県。04年の合併で八鹿町は養父市の一部となった。八鹿町の下の地名には「九鹿(くろく)」もある。しかし鹿との語源上の関連はなさそうだ。もとは「屋岡」の表記だった。鹿は2010年に常用漢字になった。

(2011年08月29日)

選択肢と割合

かいふしはっかちょう 11%
やぶしようかちょう 51%
ようふしやがまち 38%


八街市

答え
やちまたし
(正解率 71%)

千葉県。落花生で有名。明治政府がおおよその順で8番目に開墾に着手したことからの命名という。千葉県には他に、初富=鎌ケ谷市▽二和(ふたわ)=船橋市▽三咲=同市▽豊四季(とよしき)=柏市▽五香(ごこう)=松戸市▽六実(むつみ)=同市▽七栄(ななえ)=富里市▽九美上(くみあげ)=香取市▽十倉=富里市=など、開墾の順にちなんだ地名が残る。

(2011年08月30日)

選択肢と割合

やちまたし 71%
やまたし 10%
ようがし 19%


八戸市

答え
はちのへし
(正解率 98%)

青森県。2011年夏の甲子園準優勝校・光星学院高の所在地。青森、岩手両県には一戸、二戸、三戸、九戸など数字に「戸」の付いた地名がある。由来は諸説あり、軍馬の牧場か、馬の産地に支配者が数字を割り振ったなどといわれる。

(2011年08月31日)

選択肢と割合

はちのへし 98%
はどし 0%
やどし 1%


八尾町

答え
やつおまち
(正解率 45%)

富山市。05年の合併で同市の一地区になった。9月1~3日に「おわら風の盆」が開かれる。台風襲来が多い時期であることから、風害がなく豊作になることを願う、しっとりとした情緒あふれる祭りだ。なお大阪府八尾市の八尾は「やお」。

(2011年09月01日)

選択肢と割合

はちおちょう 8%
やおまち 48%
やつおまち 45%


八洲

答え
やしま
(正解率 61%)

日本の別名。「大八洲国」の略。「八島」などとも書く。もと「多くの島」の意味だったらしいが、古事記で順に淡路、四国、隠岐、九州、壱岐、対馬、佐渡、本州の八つの島を神が生んだとされた。「大八島国」略して「八島」などという。「八州(はっしゅう)」で日本を指す場合も。洲の字は普通「す」と読むが、大阪市の舞洲(まいしま)など「しま」と読む固有名詞はある。

(2011年09月02日)

選択肢と割合

はちす 8%
やしま 61%
やず 31%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から