読めますか? テーマは〈模様〉です。

スポンサーリンク

斧琴菊

答え
よきこときく
(正解率 35%)

斧・琴・菊の絵を並べて「善きことを聞く」としゃれた図柄。斧の字には「おの」以外にも「よき」という訓がある。横溝正史「犬神家の一族」に犬神家の家宝として出てきた。泉鏡花の短編の題にもなっている。

(2011年08月01日)

選択肢と割合

おのこぎく 35%
ふきんぎく 30%
よきこときく 35%


鎌輪奴

答え
かまわぬ
(正解率 61%)

江戸時代に町奴(まちやっこ=無頼の町人ら)の間ではやった服の模様。鎌と輪っかの絵と「ぬ」の字を並べ「構わぬ」と読ませるしゃれ。後に歌舞伎の市川家が取り入れた。現代でも浴衣や手拭いに使われている(写真は手拭いの一部)。鎌は昨年、常用漢字に採用された。

(2011年08月02日)

選択肢と割合

かまきり 18%
かまとと 22%
かまわぬ 61%


印半天

答え
しるしばんてん
(正解率 82%)

「印半纏」とも書く。屋号や家紋を染め抜いた、職人などが着るはんてん。はんてんは丈の短い羽織のようなもので、「半纏」「半天」とも当て字らしい。8月3~6日に秋田市で行われる竿燈(かんとう)まつりでは印ばんてんを着た人々の妙技が見られる。ちなみに「いなせなはんてんはなせない」は回文。

(2011年08月03日)

選択肢と割合

いんばんてん 9%
しるしばんてん 82%
しるしはんぺん 9%


葵の印籠

答え
あおいのいんろう
(正解率 89%)

テレビの「水戸黄門」で「この紋所が目に入らぬか」と悪人を平伏させる、徳川家の権威の象徴。1969年8月から続く黄門さまの長旅も、今年限りとなった。印籠は薬などを入れる小箱。籠は昨年、常用漢字になった。正確には、徳川家の紋は三つ葉葵。

(2011年08月04日)

選択肢と割合

あおいのいんろう 89%
あおいのごもん 4%
あおいのもんどころ 7%


奴豆腐

答え
やっこどうふ
(正解率 97%)

四角に切った豆腐。今では主に冷ややっこを指す。形が奴(武家の下僕)の着物の紋に似ていることからという。なお◇という記号を、毎日新聞では「やっこ」と言っている(「しろびし」とも言う)。

(2011年08月05日)

選択肢と割合

おぼろどうふ 2%
こうやどうふ 2%
やっこどうふ 97%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から