読めますか? テーマは〈涼感〉です。

スポンサーリンク

答え
うすもの
(正解率 40%)

薄く織った織物。主に女性の着物を指す。一般的には「薄物」の表記でよいが、夏の季語としては「羅」の字が使われている。羅はもと鳥網を表す字で、後に薄絹の意や、「羅列」などに使う「並べる」意味を表すようになったという。

(2011年07月25日)

選択肢と割合

うすもの 40%
かたびら 45%
すててこ 15%


心太

答え
ところてん
(正解率 91%)

海藻のテングサを煮溶かして固めたもの。昔の冷たい食べ物といえばところてんで、夏の季語だ。テングサは昔、コモルハまたはココロブトと呼ばれ「心太」の字が当てられた。「太」がなぜ「てん」になるのか。(1)太の読みが変化した(2)太の字を「天」と読み誤った(3)「テングサ」の「てん」から--などの説がある。今は亡き田中好子さんが「心太」の読みを聞かれ答えるCMがあった。

(2011年07月26日)

選択肢と割合

ところてん 91%
しんたい 5%
はったい 4%


遮蔽

答え
しゃへい
(正解率 89%)

覆いをすること。すだれや、植物による緑のカーテンで日光を遮ることが推奨されている。この遮蔽で電力消費量は5%下がるという。蔽の字は2010年、常用漢字に追加された。

(2011年07月27日)

選択肢と割合

しゃへい 89%
しゃふく 2%
すだれ 9%


竹夫人

答え
ちくふじん
(正解率 45%)

「竹婦人」という表記もあり、抱き籠ともいわれる。抱いて寝るための円筒状の竹製あるいは籐(とう)製の抱き枕のこと。中が空洞なので風通しがよい。夏の季語。

(2011年07月28日)

選択肢と割合

かぐや 39%
たけふじん 16%
ちくふじん 45%


端居

答え
はしい
(正解率 62%)

縁側など家の端に出ていること。夏の季語。夕方や夜にうちわを手に涼むのである。もっともクーラーの排出熱が多い所ではかえって暑くなるかもしれない。今年こそ自然の風を味わいたい。

(2011年07月29日)

選択肢と割合

たんご 14%
はしい 62%
はっきょ 23%


春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter