読めますか? テーマは〈七夕〉です。

スポンサーリンク

牽牛

答え
けんぎゅう
(正解率 96%)

牽牛星はわし座のアルタイルを指し、彦星(ひこぼし)とも呼ばれる。牽牛子(けんごし)はアサガオの別名。2010年、奈良の牽牛子塚古墳が八角形墳と確認され、斉明天皇陵とほぼ特定された。同古墳は「あさがお塚」とも呼ばれる。

(2011年07月04日)

選択肢と割合

いんぎゅう 2%
けんぎゅう 96%
せいぎゅう 2%


乞巧奠

答え
きこうでん
(正解率 52%)

「きっこうでん」「きっこうてん」とも。陰暦7月7日の夜、女子が手芸などの上達を祈って牽牛、織女(しょくじょ)の二星をまつる儀式。中国伝来の行事で、日本独自の風習が合わさって今の七夕の形となった。乞は2010年に新しく入った常用漢字だが、「こ(う)」の訓のみであり、音読み「キツ」「コツ」などは不採用。

(2011年07月05日)

選択肢と割合

きこうでん 52%
ここうしゅう 16%
こっこうそん 32%


索餅

答え
さくべい
(正解率 32%)

小麦粉と米粉を縄のようにねじって揚げた菓子。陰暦の7月7日に病気よけのまじないとして宮中に献じられた。索餅はそうめんの元になったといわれる。7月7日は「そうめんの日」でもある。餅(ヘイ、もち)は2010年の改定で常用漢字に加わった。

(2011年07月06日)

選択肢と割合

さくべい 32%
さくもち 21%
さっぺい 47%


星の妹背

答え
ほしのいもせ
(正解率 72%)

年に一度きりの牽牛、織女(しょくじょ)の夫婦の語らいのこと。近松門左衛門「曽根崎心中」に「星の妹背の天の河」というせりふがある。妹背は愛し合う男女、夫婦を指す。妹は女、背は男の意味がある。

(2011年07月07日)

選択肢と割合

ほしのいもせ 72%
ほしのせのお 25%
ほしのまいはい 3%


女夫星

答え
めおとぼし
(正解率 86%)

「みょうとぼし」とも。牽牛と織女(しょくじょ)のこと。「曽根崎心中」には「我とそなたは女夫星」というせりふも。「めおと」は今「夫婦」とあてるが、昔は「女夫」の表記がよく見られた。「妹背」もそうだが、和語の順はレディーファースト。

(2011年07月08日)

選択肢と割合

じょふせい 4%
にょふせい 11%
めおとぼし 86%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から