読めますか? テーマは〈役割〉です。

スポンサーリンク

当路者

答え
とうろしゃ
(正解率 34%)

重要な地位にある人のこと。当路はもと、交通の要路に当たること。「当事者」とは意味が違うが、以前毎日新聞のコラムで使ったとき「当事者の間違い?」などという読者の問い合わせがあった。

(2011年06月13日)

選択肢と割合

とうじしゃ 36%
とうろしゃ 34%
とうろもの 31%


丞相

答え
じょうしょう
(正解率 46%)

「しょうじょう」とも言う。中国で天子を補佐した最高官吏。日本では大臣に相当した。藤原氏らにうとまれて左遷された菅原道真は歌舞伎などで「菅丞相(かんしょうじょう)」と呼ばれる。

(2011年06月14日)

選択肢と割合

しょうぞう 5%
じょうしょう 46%
じょうそう 50%


恋々とする

答え
れんれん
(正解率 88%)

未練が強く思いきれないさま。しばしば重要な地位にある人について用いられる。菅直人首相は「職に恋々としない」と語った。たまに「連綿」と間違える人がいる。

(2011年06月15日)

選択肢と割合

こいごい 4%
ここ 8%
れんれん 88%


荷役

答え
にやく
(正解率 28%)

船荷などの上げ下ろしをすること。またはその人。「港湾荷役」など。「にえき」は間違いなのだが、パソコンの変換辞書によっては「にえき」と打っても「荷役」と一発変換する。それだけ間違いが多いということか。

(2011年06月16日)

選択肢と割合

かえき 9%
にえき 63%
にやく 28%


扇の要

答え
おうぎのかなめ
(正解率 96%)

物事の一番大切な部分のこと。要は扇子の根元で骨をまとめる所で、これがないとばらばらになってしまう。そういう中心的な役割を担う人物について多用される。扇は文語「あふぎ」(あおぐこと)からきた。常用漢字表では「おおぎ」でなく「おうぎ」。要は常用漢字表では「ヨウ」「い(る)」の音訓のみだったが、昨年の改定で「かなめ」が加わった。

(2011年06月17日)

選択肢と割合

おうぎのかなめ 96%
おおぎのよう 1%
せんのよう 3%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ