読めますか? テーマは〈記号のような漢字〉です。

スポンサーリンク

凸起

答え
とっき
(正解率 97%)

今は普通「突起」と書くが、昔の小説ではけっこう使われていた。昭和初期の小栗虫太郎「夢殿殺人事件」などに用例が見られる。凸は常用漢字。なお6月6日(2011年)は二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」。芒はこの場合イネ科植物の突起を指し「のぎ」と訓読みされる。

(2011年06月06日)

選択肢と割合

おでき 2%
けっき 1%
とっき 97%


答え
ちゅ
(正解率 20%)

これ単独では特に意味をなさないが「丸」「主」「丹」などを構成する部首である。「南総里見八犬伝」の登場人物で、金碗(かなまり)大輔が出家した名「丶大法師」は「犬」を分解した文字で「ちゅだいほうし」と読む。

(2011年06月07日)

選択肢と割合

しゅ 16%
ちゅ 20%
ちょん 64%


答え
まんじ
(正解率 99%)

音読みでマン、バンとも。地図で寺を表す符号だが、れっきとした漢字でもある。もとインドの吉祥の象徴で、中国の則天武后の時代に「万」と同じ音と定められたそうだ。谷崎潤一郎の小説の題やプロレスの技「卍固め」として知られる。

(2011年06月08日)

選択肢と割合

0%
じゅう 0%
まんじ 99%


答え

(正解率 29%)

「コ」とも読む。「個」の中国での簡体字。日本でも「三个所」など数を数えるときに用いられた。ただし今の日本では「箇」の略字とされる「ヶ」の方が多く使われる。つまり「六ヶ所村」などのヶは片仮名ではなく漢字である。なお新聞ではおおむね「六ケ所村」と大きい字で統一している。

(2011年06月09日)

選択肢と割合

29%
38%
33%

答え
どう
(正解率 50%)

「同」の俗字。古文書ではこれで「以下同文」を示すサインとして用いられた。なお「々」は漢字ではないので読みはないが、「同の字点」という名称がある。前の字を繰り返すとき使う、日本独自の符号だ。「同の字点」の名称は「仝」が変化したからといわれるが、信じ難い。々は中国でも前の漢字を繰り返すときに用いられた「=」の筆記が崩れたものではないか。

(2011年06月10日)

選択肢と割合

16%
こう 34%
どう 50%


春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter