読めますか? テーマは〈夏は来ぬ〉です。

スポンサーリンク

空木

答え
うつぎ
(正解率 82%)

卯(う)の花の別称。唱歌「夏は来(き)ぬ」のはじめに「うの花のにおう垣根に」と歌われる、初夏の白い花だ。ここでの「におう」は「色が輝いて美しい」との意。卯は卯月(陰暦4月)の卯。空の字は幹に空洞があることから。なお、食品の「おから」も「うの花」という。

(2011年05月23日)

選択肢と割合

うつぎ 82%
きつつき 10%
むなき 8%


卯の花腐し

答え
うのはなくたし
(正解率 36%)

陰暦4月ごろの長雨。卯の花を腐らすことからという。五月雨と同義とすることもある。五月雨は陰暦5月、今の暦では梅雨時の雨のこと。唱歌「夏は来(き)ぬ」の2番は「さみだれのそそぐ山田に、早乙女が……玉苗植うる夏は来ぬ」。

(2011年05月24日)

選択肢と割合

うのはなくさし 26%
うのはなくたし 36%
うのはなかもし 37%


時鳥

答え
ほととぎす
(正解率 63%)

カッコウ科の夏鳥。「テッペンカケタカ」「トッキョキョカキョク」と聞こえる声で鳴く。万葉の昔から和歌・俳句によく詠まれた。唱歌「夏は来(き)ぬ」の1番で「うの花のにおう垣根に、時鳥早もきなきて」と歌われる。「不如帰」「子規」など多くの異表記、また「卯月鳥(うづきどり)」などの異称がある。

(2011年05月25日)

選択肢と割合

おんどり 12%
かっこう 25%
ほととぎす 63%


軒端

答え
のきば
(正解率 61%)

軒の端、軒先のこと。唱歌「夏は来(き)ぬ」では3番で「橘(たちばな)のかおるのきばの窓近く」と出てくる。もっとも「たなばたさま」の「ささの葉さらさら のきばにゆれる」の方が有名だろう。

(2011年05月26日)

選択肢と割合

けんばた 2%
のきば 61%
のきはし 37%


諫める

答え
いさめる
(正解率 97%)

よくない点を改めるよう忠告すること。目上の人への忠告なので目下の人に使うと不適切だ。唱歌「夏は来(き)ぬ」の3番の最後は「蛍とびかい、おこたり諫むる夏は来ぬ」。昔、中国で灯火の油を買う金がない男が、蛍を集めてその光で勉強したという故事からきている。今ふうにいえば、自然エネルギーの利用だ。

(2011年05月27日)

選択肢と割合

いさめる 97%
なだめる 2%
とがめる 0%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から