読めますか? テーマは〈生と死〉です。

スポンサーリンク

死生命あり

答え
しせいめい
(正解率 32%)

人の生き死には天命で決まっていて、人の力ではどうすることもできないということ。「死生」で切れる。出典は「論語」。兄弟のいない孤独を嘆く男に対する子夏の言葉で、後にこう続ける。「四海の内は皆兄弟たり」

(2011年04月18日)

選択肢と割合

しせいいのち 28%
しせいめい 32%
ししょうみょう 40%


命数

答え
めいすう
(正解率 50%)

運命として決まっている命の長さのこと。運命そのものも指す。また、数に名を付けることも意味し、〇、一から九と百、千、万、億、兆、京などの位を組み合わせ使うのが命数法に当たる。

(2011年04月19日)

選択肢と割合

みょうすう 34%
めいず 16%
めいすう 50%


幽明境を異にす

答え
ゆうめいさかいをことにす
(正解率 47%)

死んであの世に行くこと。「幽明」はあの世とこの世を意味する。「幽冥」という同音異義語はあの世しか表さないので要注意だ。

(2011年04月20日)

選択肢と割合

ゆうみょうきょうをいにす 15%
ゆうめいきょうをことにす 37%
ゆうめいさかいをことにす 47%


棺を蓋いて事定まる

答え
かんをおおいてことさだまる
(正解率 57%)

人は死んで初めてその真価が分かるという格言。杜甫の詩から。この言葉の後に「君は幸いなことにまだ老人になっていないから、やつれて山の中にいることを気にかけることはない」という意味の励ましが続く。現在の評価よりも将来に向けた努力を奨励することが主眼なのだ。蓋は「ガイ」「ふた」の音訓で常用漢字表に入り、「おお(う)」の訓は不採用。

(2011年04月21日)

選択肢と割合

かんをおおいてことさだまる 57%
ひつぎをふいてことさだまる 23%
ひつぎをめしいてことさだまる 21%


懇ろ

答え
ねんごろ
(正解率 73%)

丁寧、大事にする様子。「懇ろに弔う」という例が多い。男女の仲が良くなることも「懇ろになる」ともいったが、最近はあまり使われない。「皇代記」によれば、1498年の地震による津波で「山の如(ごと)き高潮」が襲い、東海地方などで甚大な被害が出た。筆者は「後代の人、地震の時の用心のため、懇ろに注し置くものなり」と警告していた。

(2011年04月22日)

選択肢と割合

おもむろ 19%
ねんごろ 73%
よんどころ 8%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

おすすめ