読めますか? テーマは〈野菜〉です。

スポンサーリンク

甘藍

答え
かんらん
(正解率 82%)

キャベツのこと。味が甘く、葉の色がアイに近いことからという。しかし牧野富太郎はハボタンのことと解釈する。藍は「ラン」「あい」の音訓で常用漢字になった。

(2011年04月04日)

選択肢と割合

あまあい 6%
あまおう 12%
かんらん 82%


萵苣

答え
ちしゃ
(正解率 39%)

「ちさ」ともいう。レタスの和名。「玉萵苣」「丸萵苣」といわれるものが一般的な丸いレタス。丸くならない萵苣には、「サニーレタス」や葉を順次かき取って利用する「かき萵苣」などがある。「ちさ」は元々、切ると白い液が出ることから乳草(ちちくさ)といわれた。面白いことに、レタスのラテン語の語源も牛乳を意味する言葉という。千葉県旭市のサニーレタスは福島第1原発事故のあおりで一時出荷が停止されたが、再開された。

(2011年04月05日)

選択肢と割合

かきな 27%
きゃべつ 34%
ちしゃ 39%


茎立菜

答え
くきたちな
(正解率 65%)

春の葉物野菜で、小松菜や野沢菜の仲間。またアブラナの北海道、東北地方での呼び名。「茎立」は万葉集にも登場する。また「くくたち」と読むと、とうが立った草を指す春の季語になる。

(2011年04月06日)

選択肢と割合

くきたちな 65%
けいりつさい 5%
けいりゅうさい 30%


信夫冬菜

答え
しのぶふゆな
(正解率 79%)

信夫菜ともいう。小松菜の仲間。信夫は現在の福島市南部あたりの旧郡名。主に自家用として栽培されているという。

(2011年04月07日)

選択肢と割合

しのぶふゆな 79%
しんぷふゆな 15%
のぶおふゆな 6%


痩果

答え
そうか
(正解率 87%)

種子を含むが果肉のほとんどない果実のこと。レタスやイチゴは痩果をつける。イチゴの場合、赤い部分ではなく小さな粒々が痩果である。痩は「ソウ」「や(せる)」の音訓で常用漢字の仲間入りした。

(2011年04月08日)

選択肢と割合

そうか 87%
とうか 10%
やせか 3%


春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から