読めますか? テーマは〈ひな祭り〉です。

スポンサーリンク

弄ぶ

答え
もてあそぶ
(正解率 93%)

いじくること。「子供が人形を弄ぶ」などのほか、「沖縄県民の心を弄ぶ」など精神的な意味でも多用される。「もて遊ぶ」という表記が散見される。「もって遊ぶ」が語源とすると間違いとはいいにくいが、一般的には「弄ぶ」「玩ぶ」の漢字が当てられる。このほど弄が「ロウ」「もてあそ(ぶ)」の音訓で常用漢字に入った。

(2011年02月28日)

選択肢と割合

すさぶ 3%
まろぶ 3%
もてあそぶ 93%


大鼓

答え
おおつづみ
(正解率 49%)

「おおかわ」とも。能などで使われる楽器。ひな人形では五人ばやしの一人が手でたたく。これとは別に下に置いてばちでたたく太鼓(たいこ)がある。「おおづつみ」は間違い。

(2011年03月01日)

選択肢と割合

おおつづみ 49%
おおづつみ 15%
たいこ 36%


答え
しゃく
(正解率 75%)

貴人が持つ細長い板。昔、裏にメモを貼り、発言の際カンニングペーパー代わりにしたという。ひな人形では男(お)びなが持つ。NHKアニメの「おじゃる丸」も持っている。笏の本来の読みはコツ。北海道・支笏湖のコツだ。骨の字と同音であることを忌み、長さがほぼ1尺であることからシャクの音になったという。さて、笏となるべき字が勺となっている場合がある。勺は容積、面積の単位なので、笏とは関係ない。

(2011年03月02日)

選択肢と割合

ざる 16%
しゃく 75%
たかつき 10%


「上巳」の節句

答え
じょうし
(正解率 40%)

「じょうみ」とも。もと、陰暦3月の最初の巳(み)の日。後に3月3日の桃の節句を表すようになった。巳の字は己、已と紛らわしい。己は「キ」「コ」「おのれ」の音訓を持つ常用漢字、已は文法で習う已然形(いぜんけい)の已で、巳と同じく常用漢字ではない。

(2011年03月03日)

選択肢と割合

じょうき 41%
じょうこ 19%
じょうし 40%


随身

答え
ずいじん
(正解率 73%)

「ずいしん」とも。平安時代のガードマン。ひな人形では右大臣、左大臣の一対が飾られる。ある漢字の本で「隋身」という間違いを発見。「隋」は中国の王朝だ。なおネットでは「随臣」という表記も多いが、これを認めている国語辞典は見いだせない。

(2011年03月04日)

選択肢と割合

ずいじん 73%
ずいみ 13%
つきみ 15%


春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から