読めますか? テーマは〈日本神話〉です。

スポンサーリンク

太安万侶

答え
おおのやすまろ
(正解率 86%)

稗田阿礼(ひえだのあれ)の口伝えに基づき古事記をまとめた。日本書紀にも関わったという。711年に元明天皇の命で古事記筆録を開始、翌年完成。2012年、古事記成立から1300年を迎える。侶は常用漢字表にリョの音読みで加わった。

(2011年02月21日)

選択肢と割合

おおのやすまろ 86%
たいあんまんりょ 6%
ふとのあまろ 8%


海神

答え
わたつみ
(正解率 62%)

「綿津見」とも書く。「わだつみ」「かいじん」などとも読む。海の神、または海そのものを指す。古事記の海幸と山幸の逸話を題材にした青木繁の名画「わだつみのいろこの宮」の下絵がこのほど発見された。「いろこ」とはうろこのこと。

(2011年02月22日)

選択肢と割合

あまつかみ 26%
うなかみ 12%
わたつみ 62%


天の逆鉾

答え
あまのさかほこ
(正解率 94%)

アマテラスオオミカミの孫ニニギノミコトが地上に降り立った「天孫降臨」の際に突き立てたと伝えられる鉾(剣の一種)。霧島山系・高千穂峰(たかちほのみね)山頂には実際に鉾が立っている。坂本龍馬が日本で最初とされる新婚旅行の際、引き抜いたという。

(2011年02月23日)

選択肢と割合

あまのさかほこ 94%
あめのぎゃくぼこ 1%
てんのげきりん 5%


当麻蹴速

答え
たいまのけはや
(正解率 57%)

日本書紀に出てくる力持ち。「蹴速」は「蹶速」とも書く。奈良の当麻に住み、出雲の野見宿祢(のみのすくね)と対戦し死んだ。2人は力士の祖といわれる。この時代の相撲は命に関わる真剣勝負だった。蹴の字は「シュウ」「け(る)」の音訓で常用漢字に入った。

(2011年02月24日)

選択肢と割合

あまけのはやし 13%
たいまのけはや 57%
とうまのしゅうそく 30%


伊呂妹

答え
いろも
(正解率 35%)

「同母妹」とも。同じ母親から生まれた女のきょうだいのこと。古代には姉も含めて「妹(いも)」と言った。「いろ」は「同母」を表す接頭語。「呂」は常用漢字になった。「いもうと」は「いもひと」の転。古事記では兄と妹との近親相姦(そうかん)の話がある。漫画・アニメの性描写についての東京都の2010年の条例は、近親相姦も規制の対象にしている。この条例に漫画家らは反発。古事記を題材に漫画を描いている「夕凪の街桜の国」のこうの史代さんも、イラストを掲げて反対した。

(2011年02月25日)

選択肢と割合

いろも 35%
いろせ 49%
いもと 16%


春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から