読めますか? テーマは〈男女〉です。

スポンサーリンク

艶書

答え
えんしょ
(正解率 49%)

ラブレターのこと。同じ意味の「付け文」「懸想文(けそうぶみ)」とともに時代小説などで出てくる。山本周五郎に「艶書」という小説がある(新潮文庫)。艶は「エン」「つや」の音訓で常用漢字表に入った。

(2011年02月14日)

選択肢と割合

あでがき 13%
えんしょ 49%
つやがき 38%


恋は思案の「外」

答え
ほか
(正解率 70%)

恋は理屈では解釈できないという意味の慣用句。「外=ほか」の訓読みは常用漢字表にあり、「その外」の用例が掲げられる。しかし2010年11月の改定で「他」にも「ほか」の読みが加わった。新しい常用漢字表では「その外」はそのままで、「他」の用例は「○○の他」。使い分けは難しいが、新聞では「外」は「思いの外」「殊の外」「もっての外」など「想定外」「許容範囲外」というニュアンスの言葉に使い、単に「それ以外」の意味では「他」を用いる。

(2011年02月15日)

選択肢と割合

6%
そと 24%
ほか 70%


漁色

答え
ぎょしょく
(正解率 36%)

手当たり次第に女性を追い求め情事にふけること。「漁=リョウ」の音読みは日本で「猟」の音を転用した慣用音とされる。そのせいか漢和辞典では「漁」で始まる熟語はほとんど「ギョ」の音である。

(2011年02月16日)

選択肢と割合

ぎょしき 13%
ぎょしょく 36%
りょうしょく 51%


恋の「柵」

答え
しがらみ
(正解率 61%)

恋の邪魔をするもの。しがらみは水流をせき止めるために木などで作ったもの。また、引き留め、まとわり付くことの比喩。柵は昨年の常用漢字改定で「サク」の音読みのみ採用、「しがらみ」は不採用だった。

(2011年02月17日)

選択肢と割合

しがらみ 61%
たな 6%
とりこ 32%


男女川

答え
みなのがわ
(正解率 44%)

茨城県・筑波山を水源にする川。「水無川」などの表記もあるが、筑波山は男体山、女体山の2峰からなることから「男女川」の字があてられる。百人一首にも選ばれている陽成院の「つくばねの峰より落つるみなの川恋ぞ積もりて淵となりける」が有名な歌枕の地。戦前の横綱・男女ノ川(茨城県出身)のしこ名はこれに由来する。

(2011年02月18日)

選択肢と割合

おとめがわ 20%
なめがわ 35%
みなのがわ 44%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から