読めますか? テーマは〈雪〉です。

スポンサーリンク

風花

答え
かざはな
(正解率 83%)

「かざばな」とも。晴天にちらつく雪。また、雪が積もった所から風に吹かれて飛んでくる雪のこと。美しい表現として好まれ、季語にも、映画のタイトルにもなっている。「暗い空から、風花が舞い始めていた」(北村薫「雪が降って来ました」)

(2011年02月07日)

選択肢と割合

かざはな 83%
かぜばな 7%
ふか 10%


吹越

答え
ふっこし
(正解率 65%)

「ふきごし」とも。積もった雪が風に運ばれて舞い落ちる「風花」を、群馬などでは吹越という。俳人・加藤楸邨(しゅうそん)はこの語を好み、句集の題にもしている。「吹越に大きな耳の兎かな」。ちなみに俳優・吹越満さんの読みは「ふきこし・みつる」。

(2011年02月08日)

選択肢と割合

すいえつ 22%
ふいこえ 13%
ふっこし 65%


「不香」の花

答え
ふきょう
(正解率 42%)

かおりのない花。また、それに例えた雪の異称。わかつきめぐみ「言の葉遊学(ことのはあそびがく)」に紹介されている。能「葛城」では「柴には不香の花を手折りつつ」とうたわれる。

(2011年02月09日)

選択肢と割合

ふか 33%
ふきょう 42%
ふこう 25%


白魔

答え
はくま
(正解率 31%)

災厄をもたらす雪を白い魔物に例えた表現。雪を風流なものとして花に例えるのは雪の恐ろしさを知らない「暖国の風雅人」(鈴木牧之「北越雪譜」)で、雪国の人にとってはまさしく「白魔の猛威」(毎日新聞夕刊「近事片々」)が実感に近かろう。なお英国の作家マッケンに「白魔」と訳された短編があるが、読みは「びゃくま」で、雪とは関係ない(南條竹則訳、光文社古典新訳文庫)。

(2011年02月10日)

選択肢と割合

しろま 3%
はくま 31%
びゃくま 67%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から