読めますか? テーマは〈節分〉です。

スポンサーリンク

福升

答え
ふくます

節分の豆をまくための升。1升(しょう)は約1.8リットル。節分の前には有名な寺での福升づくりが毎年のようにニュースになる。しかし「福升」を掲げている辞書は見当たらない。なお「福枡」とも書くが、「枡」は常用漢字ではない。「升」は常用漢字表で「ショウ」「ます」の音訓が掲げられているが、「枡」は日本製の漢字(国字)とされ漢和辞典には「ます」の訓読みしかない。

(2011年01月31日)

 この問題は回答データがありません

疫神祭

答え
えきじんさい
(正解率 37%)

疫病をはやらせるという悪神を鎮める祭り。京都・吉田神社では節分祭の一環として2月2日に行われる。疫神は疫病神(やくびょうがみ)と同じ意味だが疫の読みは「えき」。ただし「やくじん」を付記する辞書も少数ながらある。

(2011年02月01日)

選択肢と割合

えきじんさい 37%
やくがみさい 39%
やくしんさい 25%


焼い嗅がし

答え
やいかがし
(正解率 49%)

節分の夜に焼いたイワシの頭などを戸口に出す風習。「やっかがし」など土地によって呼び方が異なる。イワシの臭気を鬼は嫌うとされた。ネギやニンニクをつるす所もあるという。嗅は「キュウ」「か(ぐ)」の音訓で常用漢字表に掲げられた。

(2011年02月02日)

選択肢と割合

しょういかがし 8%
やいかがし 49%
やいこがし 43%


呪物

答え
じゅぶつ
(正解率 39%)

超自然的な力を持つとされる物。節分の豆は鬼を追う呪物。ヒイラギは葉のギザギザを鬼が痛がると思われた。呪は「ジュ」「のろ(う)」で常用漢字に採用。

(2011年02月03日)

選択肢と割合

じゅぶつ 39%
じゅもつ 55%
じゅうぶつ 6%


目籠

答え
めかご
(正解率 68%)

目の粗い竹の籠。節分の夜に戸外に掲げておくと、鬼が目の多さに驚くとも、数えるうちに夜が明けるともいわれる。2月8日に行う所もある。籠は「ロウ」「かご」「こ(もる)」の音訓で常用漢字に入った。

(2011年02月04日)

選択肢と割合

ざる 30%
めかご 68%
もくりゅう 2%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から