読めますか? テーマは〈阪神大震災〉です。

スポンサーリンク

祥月命日

答え
しょうつきめいにち
(正解率 68%)

「しょうげつめいにち」とも。没後の、死去したのと同じ月日のこと。1月17日は1995年の阪神大震災で多くの人の命が失われた日だ。この日に亡くなった方は1月17日が祥月命日。単に命日ともいうが、命日は「月命日」という言葉もあるように毎月のその日をも表す。

(2011年01月17日)

選択肢と割合

しょうがつめいにち 8%
しょうげつめいじつ 25%
しょうつきめいにち 68%


地震(古語)

答え
ない
(正解率 21%)

旧かなで「なゐ」。「な」は地、「ゐ」は「居る」の意で、元々は大地を表した。「なゐ震(ふ)る」が地震のことだったが、後に省略され「なゐ」が地震を意味するようになった。短歌では現在も使われる。秋篠宮妃紀子さまの2009年歌会始の歌は「地震(なゐ)うけし地域の人らの支へあひ生きる姿に励まされたり」だった。

(2011年01月18日)

選択肢と割合

つちふる 54%
ない 21%
ゆるがせ 25%


畏怖

答え
いふ
(正解率 96%)

おそれおののくこと。大震災は現代人が忘れがちな自然への畏怖を思い起こさせる。畏は「イ」「おそ(れる)」の音訓で常用漢字に採用された。

(2011年01月19日)

選択肢と割合

いふ 96%
きふ 1%
おぞけ 3%


慄然

答え
りつぜん
(正解率 85%)

ぞっとすること。「阪神大震災被災10日目に、視察のために神戸の地に立って、その被害を自分の目で見て、改めて慄然と立ちすくんだ」(95年本紙寄稿文より)。似た意味の語に「戦慄」がある。「然」は様子や状態を表すので、「戦慄が走る」の例がある戦慄より慄然の方がやや持続的な語感がある。慄は常用漢字になった。

(2011年01月20日)

選択肢と割合

あぜん 13%
しょうぜん 3%
りつぜん 85%


心柱

答え
しんばしら
(正解率 55%)

塔などの中心の柱。「真柱」とも書く。五重塔の心柱は地震の揺れに強いとされ、建設が進む東京スカイツリーにその技術が取り入れられている。

(2011年01月21日)

選択肢と割合

おんばしら 16%
しんちゅう 28%
しんばしら 55%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から