読めますか? テーマは〈地名限定?の常用漢字〉です。

スポンサーリンク

阜偏

答え
こざとへん
(正解率 25%)

阜は岐阜県の阜として常用漢字入りした。こざとへんの元になった字。「おか」の意味があり、陸、隆、隅、隔など土地や位置に関係する意味を持つ字が多い。

(2010年12月13日)

選択肢と割合

ふへん 66%
しへん 9%
こざとへん 25%


京畿

答え
けいき
(正解率 71%)

畿は主に近畿、畿内のために常用漢字になった。畿は元々「都の近くにある土地」という意味。京畿は畿内とほぼ同じ意味。畿内とは大和、山城、河内、和泉(いずみ)、摂津の国を指す。韓国の地名にも「京畿」がある。北朝鮮と接する京畿道(キョンギド)で、北朝鮮の砲撃があった延坪島(ヨンピョンド)にも近い。

(2010年12月14日)

選択肢と割合

きょうき 19%
けいき 71%
きょうぎ 10%


韓信の股くぐり

答え
かんしんのまたくぐり
(正解率 68%)

韓信は昔の中国の武将で、項羽や劉邦につかえた。青年時代、ならず者の侮辱に耐え股の下をくぐったことから、大望のために一時の恥を忍ぶことを表す「韓信の股くぐり」という言葉ができた。韓は「韓国」の使用例が多いため常用漢字に。部首は韋(なめしがわ)。なお股も「コ」「また」の音訓で常用漢字に入った。

(2010年12月15日)

選択肢と割合

かんしんのまた 68%
かんじんのまた 24%
はんしんのまた 8%


茨垣を裸身でくぐる

答え
いばらがきをはだかみでくぐる
(正解率 35%)

茨は茨城県の茨として常用漢字入りした。茨はとげのある低木の総称。「茨垣を裸身でくぐる」とは極めて苦痛なこと。分かりやすいたとえだが、現代ではまず使われない。と思ったらブログでこの表現を使って政治を語っている人がいた。

(2010年12月16日)

選択肢と割合

いばらがきをはだかみで 35%
ばらきをらしんで 29%
しがきをらしんで 36%


栃麺棒

答え
とちめんぼう
(正解率 85%)

栃は栃木県の栃として常用漢字に入った。日本製の漢字で、中国では「橡」が使われる。トチノキの実から作った麺が栃麺、それを作るために使う棒が栃麺棒。栃麺は粘り気が少ないため手早く作らなければならず、せわしく棒を動かすことから、慌てることや慌て者を「栃麺棒」というようになったという説がある。またそこから「とちる」という言葉ができたともいわれる。なお、麺も今回追加された常用漢字。

(2010年12月17日)

選択肢と割合

とめんぼう 12%
とちめんぼう 85%
ときめんぼう 3%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から