読めますか? テーマは〈着物〉です。

被布

答え
ひふ
(正解率 46%)

和装のコートの一種。江戸時代には茶人、俳人などに好まれたが、今は主に女性が着る。11月15日は七五三。この時期、被布を羽織った女の子を連れた参拝客が多い。11月15日は七五三にちなんだ「きものの日」でもある。

(2010年11月15日)

選択肢と割合

ひふ 46%
ひっぷ 36%
ひわだ 19%


正絹

答え
しょうけん
(正解率 72%)

絹だけからなる糸。また、その織物。絹の音読み「ケン」は一般的にあまり使われないが、常用漢字表に「きぬ」の訓読みとともにある。本絹(ほんけん)、純絹も同じ意味。

(2010年11月16日)

選択肢と割合

せいけん 18%
しょうけん 72%
まさぎぬ 10%


角帯

答え
かくおび
(正解率 77%)

二つ折りに仕立てた、かたく幅の狭い男性用の帯。「カク」は音読み、「おび」は訓読みで、角帯の語はいわゆる「重箱読み」。

(2010年11月17日)

選択肢と割合

かくおび 77%
かどおび 6%
つのおび 18%


襟芯

答え
えりしん
(正解率 69%)

型崩れしないように襟の中に入れる布など。芯は改定常用漢字に採用された。襟の字はこれまでも常用漢字。「えり」は訓読み(音読みは「キン」)、芯は音読みなので、「襟芯」はいわゆる「湯桶(ゆとう)読み」。襟と同音の同じ意味で「衿」の字があるが、これは人名用漢字である。

(2010年11月18日)

選択肢と割合

きんしん 13%
えりしん 69%
えりぐり 18%


前身頃

答え
まえみごろ
(正解率 93%)

衣服のうち体の前を覆う部分。襟や袖は入らない。身頃は身衣(みごろも)の略という。和装、洋装ともに使われるが、洋服の「身頃」はウエストから上だけをいうことがある。頃は改定常用漢字に採用された。「見頃」という同音異義語には注意しなければならない。

(2010年11月19日)

選択肢と割合

まえみごろ 93%
ぜんしんけい 3%
ぜんみごろ 3%


春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter