読めますか? テーマは〈読書〉です。

スポンサーリンク

濫読

答え
らんどく
(正解率 92%)

手当たり次第に本を読むこと。濫の字はもともと常用漢字ではあるが、新聞では「乱読」に書き換えている。

(2010年11月01日)

選択肢と割合

かんどく 7%
たんどく 2%
らんどく 92%


書に淫する

答え
しょにいんする
(正解率 76%)

度を越して読書にふけること。淫は「イン」「みだ(ら)」の音訓で改定常用漢字に選ばれた。ほぼ同じ意味の「書淫」という熟語もある。映画化作品が公開中の小説「インシテミル」(米澤穂信著)のタイトルには「ミステリーに淫してみる」という意味が含まれている。ちなみに「淫書」はわいせつな本という意味。

(2010年11月02日)

選択肢と割合

しょにいんする 76%
しょにみだする 9%
しょにみだりする 15%


熟読玩味

答え
じゅくどくがんみ
(正解率 82%)

じっくりと味わって読むこと。玩味は「含味」「翫味」とも書く。玩は改定常用漢字に採用。玩の字には「玩具」など「もてあそぶ」意味もあるが、「愛玩」など「大切にする」意もある。

(2010年11月04日)

選択肢と割合

じゅくどくがんみ 82%
じゅくどくげんみ 12%
じゅくどくたんみ 6%


汗牛充棟

答え
かんぎゅうじゅうとう
(正解率 80%)

本が非常に多くあること。運べば牛が汗をかき、家に積めば棟木(むなぎ)に届くくらい蔵書があるというたとえ。

(2010年11月05日)

選択肢と割合

あせうしむねにみつ 2%
かんぎゅうじゅうとう 80%
かんごじゅうとう 19%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ