読めますか? テーマは〈生物多様性〉です。

スポンサーリンク

剥製

答え
はくせい
(正解率 97%)

動物の肉や内臓を取って綿などで埋めた標本。絶滅した生物を博物館などで見ることができるが、その目は悲しい。名古屋で生物多様性に関する国際会議を開催中。剥は「ハク」「は(がす)」「は(ぐ)」「は(がれる)」「は(げる)」の音訓で改定常用漢字表に掲げられた。

(2010年10月18日)

選択肢と割合

くんせい 1%
はせい 3%
はくせい 97%


育む

答え
はぐくむ
(正解率 99%)

養い育てること。鳥が羽でひなを包み養うことからきた。「多様な生物を育む環境」などの形で多用される言葉だが、今の常用漢字表では育は「イク」「そだ(つ)」「そだ(てる)」の音訓のみ。改定で「はぐく(む)」が追加された。

(2010年10月19日)

選択肢と割合

いくむ 1%
はぐくむ 99%
くるむ 0%


鬱蒼

答え
うっそう
(正解率 96%)

たくさんの木々で覆われあたりが薄暗くなっている森林の様子。森林は多様な生物がすむ場所だが、伐採で年々失われている。鬱の字は改定常用漢字に選ばれた。鬱には気分がふさぐという意味のほか、木がこんもりと茂るさまも表す。蒼は改定常用漢字に不採用。

(2010年10月20日)

選択肢と割合

うっせい 2%
うっそう 96%
うさん 2%


採餌

答え
さいじ
(正解率 85%)

餌をとること。動物の採餌に適した環境がなくなると、その動物も絶滅の危機に陥る。餌は「ジ」「えさ」「え」の音訓で改定常用漢字に入った。

(2010年10月21日)

選択肢と割合

さいえ 4%
さいじ 85%
とりえ 11%


藍藻類

答え
らんそうるい
(正解率 68%)

光合成を行う原始的な藻類。池や湖の富栄養化が進み大量発生すると悪者扱いされるが、地球の酸素発生の立役者でもある。藍は「ラン」「あい」の音訓で改定常用漢字に採用された。

(2010年10月22日)

選択肢と割合

あいもるい 18%
かんそうるい 14%
らんそうるい 68%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から