読めますか? テーマは〈種田山頭火〉です。

スポンサーリンク

行乞流転

答え
ぎょうこつるてん
(正解率 65%)

行乞とは僧侶が家々の前で食を求めながら修行すること。自由律の俳人、種田山頭火は「大正十五年四月、解くすべもない惑ひを背負うて、行乞流転の旅に出た」。その前書きに続くのが「分け入つても分け入つても青い山」という代表句。乞は「こ(う)」の訓読みで改定常用漢字に選ばれた。

(2010年10月12日)

選択肢と割合

ゆきごいるてん 11%
こうこつるてん 24%
ぎょうこつるてん 65%


乃至

答え
ないし
(正解率 71%)

「または」と同じ意味。山頭火の日記「行乞記」で1930年10月11日、「脳溢血(いっけつ)乃至心臓麻痺(まひ)」での「コロリ往生」のありがたさが語られる。くしくもちょうど10年後の同日、その通りに急死した。

(2010年10月13日)

選択肢と割合

ないし 71%
のし 21%
のうし 7%


面妖

答え
めんよう
(正解率 85%)

「奇妙」と同じ意味。「名誉」の転という。山頭火の1930年10月11日の日記は、アメリカの「ドーミグラス」という謎の町の夢を見たことを記し「はて面妖な」と結ぶ。妖は「ヨウ」「あや(しい)」の音訓で改定常用漢字に採用。

(2010年10月14日)

選択肢と割合

めんよう 85%
めんそう 4%
おもざし 11%


自嘲

答え
じちょう
(正解率 99%)

自分をあざけること。「自嘲」と前書きのある句「うしろすがたのしぐれてゆくか」は山頭火の代表句。山頭火はさらに記す。「熊本に落ちつくべく努めたけれど、どうしても落ちつけなかつた。またもや旅から旅へ旅しつづけるばかりである」。嘲は「チョウ」「あざけ(る)」の音訓で改定常用漢字に選ばれた。

(2010年10月15日)

選択肢と割合

じき 0%
じちょう 99%
じろう 0%


春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から