読めますか? テーマは〈彼岸〉です。

スポンサーリンク

天気輪

答え
てんきりん
(正解率 41%)

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」でジョバンニが銀河へと旅立つ場面で登場する「天気輪の柱」。これが何なのか諸説あるが、一説に、東北の寺や墓場にあり、鉄の輪を回して死者との交信ができるという石柱のこと。「壮大な鉄道を、彼岸である星空へ発進させる」イメージにふさわしいと作家、畑山博氏はいう(「『銀河鉄道の夜』探検ブック」)。賢治は77年前の9月21日没。

(2010年09月21日)

選択肢と割合

てんきわ 16%
てんきりん 41%
あまぎわ 44%


雑節

答え
ざっせつ
(正解率 33%)

日本の暦に記載され。二十四節気などを補う季節の節目。彼岸も雑節の一つで、彼岸の中日(秋分、春分)を挟んで7日間ある。他の雑節に節分、土用、二百十日などがある。

(2010年09月22日)

選択肢と割合

ざっせつ 33%
ぞうせつ 53%
ざつぶし 14%


六波羅蜜

答え
ろくはらみつ
(正解率 85%)

「ろっぱらみつ」とも。彼岸とは元々、迷いの世界であるこの岸から悟りの世界に渡ることを表した。そのための六つの修行「布施」「持戒」「忍辱(にんにく)」「精進」「禅定(ぜんじょう)」「知恵」のことを「六波羅蜜」という。蜜は改定常用漢字に入った。「蜜」を「密」と誤記する例が多い。

(2010年09月24日)

選択肢と割合

ろくはらみつ 85%
むつぱらみつ 5%
りくはらみた 10%


油麩丼

答え
あぶらふどんぶり
(正解率 32%)

「あぶらふどん」とも。宮城県登米(とめ)市登米(とよま)町の名物。カツ丼のカツの代わりに油で揚げた麩(仙台麩ともいわれる)を使っている。丼は「どんぶり」「どん」の訓読みで改定常用漢字に採用された。元々は「井戸」と同じ意味の漢字だが、井戸に物を投げ込んだときの音から、日本語の「どんぶり」を表す字になったという。

(2010年09月28日)

選択肢と割合

あぶらふどんぶり 32%
ゆふどん 26%
あぶらげどん 42%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から