読めますか? テーマは〈夏の味覚〉です。

スポンサーリンク

答え
はも
(正解率 94%)

ウナギに似た魚。京都の代表的な夏の味覚。小津安二郎の映画「秋刀魚の味」(1962年)で、料亭で出された料理が何か分からなかった元国語教師が、ハモと聞かされ「さかなへんに豊か」と得意げに言う。漢字だけは知っていても食べたことがなかったことがうかがえ、後で教え子に、あざけり交じりに陰口を言われる。東野英治郎の哀歓漂う演技が忘れられないワンシーンだ。

(2010年08月02日)

選択肢と割合

うなぎ 2%
はも 94%
あなご 4%


章魚

答え
たこ
(正解率 31%)

蛸とも書くが、本来、蛸の字はアシタカグモを指し、日本で意味が変わった。章魚は中国の表記。たこ焼きは台湾では「章魚小丸子」などと書かれているそうだ。サッカー・ワールドカップで占いを的中させたドイツのタコ「パウル」君が話題になったことは記憶に新しい。関西では特に夏に好まれる。

(2010年08月03日)

選択肢と割合

さより 42%
しゃこ 27%
たこ 31%


沖膾

答え
おきなます
(正解率 62%)

膾とは、元は肉や魚を細かく切ったもので、後に大根などを酢であえた料理を指すようになった。沖膾はとれたばかりの魚を船上でたたいて膾にして食べることで、夏の季語。ことわざ「あつものに懲りて膾を吹く」は、吸い物の熱さに懲りて冷たい膾に息を吹き冷ますさまから、失敗に懲りて無用な用心をすることを表す。

(2010年08月04日)

選択肢と割合

おきあみ 33%
おきあらい 5%
おきなます 62%


葛桜

答え
くずざくら
(正解率 83%)

練った葛粉であんをくるみ、蒸して桜の葉で包んだ菓子。中のあんが透けて見え涼しげなことから夏の季語になっている。葛の字は改定常用漢字表に「カツ」「くず」の音訓で採用された。

(2010年08月05日)

選択肢と割合

くずざくら 83%
かつお 10%
かつざくら 7%


喉越し

答え
のどごし
(正解率 99%)

飲食物が喉を通る時の感じ。ビールやめん類などで使われる。キリンホールディングスのホームページによると、「のどごし」に当たる言葉は英語やドイツ語に見当たらないそうだ。喉の字は「コウ」「のど」の音訓で改定常用漢字に。「咽」や「咽喉」でも「のど」と読ませることもあるが、改定常用漢字表では「喉」のみ「のど」の訓読みが当てられた。

(2010年08月06日)

選択肢と割合

のどごし 99%
なごし 1%
こうごし 0%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から