読めますか? テーマは〈相撲部屋〉です。

スポンサーリンク

阿武松

答え
おうのまつ
(正解率 77%)

元関脇・益荒雄(ますらお)の阿武松親方が94年に起こした相撲部屋。現在、野球賭博問題で大揺れだ。江戸時代の第6代横綱「阿武松緑之助」からの名。落語「阿武松」の主人公にもなった名横綱だ。しこ名はお抱えとなった長州藩内の「阿武の松原」に由来するという。現在、山口県阿武町などの地名は「あぶ」なのに、どうしてこの漢字で「おう」なのか。濁点なしの「あふ」にするとわかる。「あふぎ」→「おうぎ(扇)」と同じ変化だ。

(2010年06月28日)

選択肢と割合

あだけまつ 7%
あんのまつ 16%
おうのまつ 77%


錣山

答え
しころやま
(正解率 80%)

元関脇・寺尾が04年創設した相撲部屋。元関脇・益荒雄も引退後、阿武松部屋を起こす前は一時、錣山親方だった。落語の「阿武松」で錣山は、大食が過ぎて破門され、自殺も考えていた若者を預かり、その才能を開花させ、第6代横綱・阿武松へと出世させる。「しころ」とは、かぶと、ずきんから垂れ下がり首筋などを覆うもの。

(2010年06月29日)

選択肢と割合

しころやま 80%
つづりやま 10%
なわてやま 10%


花籠

答え
はなかご
(正解率 89%)

元関脇・太寿山が92年再興した相撲部屋。元横綱・輪島の不祥事のため一時廃業していた。籠の字は「ロウ」「かご」「こ(もる)」の音訓で改定常用漢字に採用された。

(2010年06月30日)

選択肢と割合

はなぶさ 3%
はなかご 89%
はなごめ 8%


放駒

答え
はなれごま
(正解率 85%)

81年、放駒親方(元大関・魁傑)が花籠部屋から独立して起こした。先代の放駒親方は元小結の龍虎。73年、龍虎はマージャン賭博の疑いで書類送検された。のちに龍虎の芸名で俳優に。放れ駒とは、つないである綱から放れて自由に走る馬のこと。駒は改定常用漢字に採用された。

(2010年07月01日)

選択肢と割合

はなれごま 85%
はなごま 8%
ほうりごま 7%


大嶽

答え
おおたけ
(正解率 86%)

元関脇・貴闘力が大嶽親方として大鵬部屋を引き継いだ相撲部屋。大嶽親方は野球賭博にかかわっていたことを認めた。嶽は岳の旧字体だが、事実上別の字のように使い分けられている。

(2010年07月02日)

選択肢と割合

だいごく 11%
おおがく 3%
おおたけ 86%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から