読めますか? テーマは〈お金〉です。

スポンサーリンク

帳尻

答え
ちょうじり
(正解率 98%)

帳簿の最後の部分。ここで収入と支出を合わせることから、物事のつじつまを合わせることを「帳尻を合わせる」という。なお、支出の方が多いことを「赤字」というのは、簿記で不足分を赤い字で記入することからきたそうだ。尻は新常用漢字の一つ。

(2010年05月17日)

選択肢と割合

ちょうしり 1%
ちょうじり 98%
ちょうきゅう 0%


大尽

答え
だいじん
(正解率 61%)

多くは「お大尽」の形で、大金持ち、または遊郭で派手に遊ぶ人を表す。宮崎駿監督のアニメ「千と千尋の神隠し」でも「お大尽さまのおなり」という掛け声があったが、この言葉を知らない人は「大臣」のことと思ったかもしれない。ただし昔は大尽の意味で「大臣」とする表記もあったようだ。

(2010年05月18日)

選択肢と割合

たいじん 34%
だいじん 61%
おおづくし 5%


年俸制

答え
ねんぽうせい
(正解率 77%)

1年単位で給料を支払う制度。とはいえ実際には月々分割して支払われる。スポーツ選手の年俸がニュースになりやすいが、会社でも導入するところは増えている。時々「年棒」という誤字を目にするが「ねんぼう」と誤読しているためか。

(2010年05月19日)

選択肢と割合

ねんほうせい 2%
ねんぼうせい 22%
ねんぽうせい 77%


青息吐息

答え
あおいきといき
(正解率 83%)

苦しいときのため息のこと。新聞ではお金のやりくりに困る状態を表す場合に使われやすい。たまに「青色吐息」という間違いを見るが、高橋真梨子さんの歌「桃色吐息」の影響だろうか。

(2010年05月20日)

選択肢と割合

あおいきといき 83%
せいそくといき 12%
せいそくとそく 5%


賄賂

答え
わいろ
(正解率 96%)

不正に便宜を図ってもらうために贈る金品、あるいは接待などの供応。賄の字は元々常用漢字だが賂の字がないため、新聞では「わいろ」と表記していた。法務省の要望などにより常用漢字に追加された。

(2010年05月21日)

選択肢と割合

わいろ 96%
ろうらく 1%
ぞうわい 3%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ