読めますか? テーマは〈春の草花〉です。

熊谷草 by alpsdake

スポンサーリンク

答え
ひこばえ
(正解率 36%)

木の切り株や茎の根元から新たに生える芽のこと。「ひこ」は孫の意味。2010年3月、神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮で樹齢1000年といわれる大銀杏(おおいちょう)が倒れたが、その跡から蘖が伸びることが期待されている。

(2010年04月12日)

選択肢と割合

げんげ 17%
なずな 48%
ひこばえ 36%


答え
わらび
(正解率 96%)

シダの一種で、芽は春の代表的な山菜。わさびは山葵、ぜんまいは薇という字を当てる。わらびの和名の由来は、一説に子供の拳に似ていることから「童(わらわ)手振り」が転じたとされる。なお蕨市は埼玉県の市。

(2010年04月13日)

選択肢と割合

わらび 96%
わさび 2%
ぜんまい 3%


鬱金桜

答え
うこんざくら
(正解率 89%)

八重桜の一品種。名の由来は花びらの色からというが、ウコン色(濃い黄色)とは全く違う。かすかに黄緑がかった白であり、ピンクに近いものも見かける。大阪・造幣局で恒例の「桜の通り抜け」では、「鬱金」も観賞できる。鬱(ウツ)は常用漢字になった。

(2010年04月14日)

選択肢と割合

うっきんざくら 7%
うつごんさくら 5%
うこんざくら 89%


蒲公英

答え
たんぽぽ
(正解率 83%)

中国の漢字表記に和名を当てたものだが、和名の由来は諸説ある。割合有力なのは、鼓の擬音「タン・ポポ」からという説。昔の子供は、タンポポの茎を鼓のように作り替え遊んだという。タンポポには鼓草(つづみぐさ)という別名がある。

(2010年04月15日)

選択肢と割合

かたくり 12%
からたち 5%
たんぽぽ 83%


熊谷草

答え
くまがいそう
(正解率 64%)

一の谷の合戦で平敦盛を討ち取った熊谷直実にちなむ。彼がよろいの背にかけていた大きな袋に花の唇弁が似ていたから。平敦盛も敦盛草の名に使われている。直実ゆかりの地、埼玉県熊谷市の読みは「くまがやし」。そこにある熊谷寺は「ゆうこくじ」。

(2010年04月16日)

選択肢と割合

くまやそう 10%
くまがやそう 26%
くまがいそう 64%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ