読めますか? テーマは〈仏教〉です。

東大寺大仏縁起絵巻より

スポンサーリンク

冥利

答え
みょうり
(正解率 98%)

本来は、神仏が人の気づかないうちに与えている利益(りやく)。今は「弁護士冥利」など、それぞれの職業や立場などで得られた幸福を意味する。ちなみに「弁護士冥利」とは宇都宮健児・日本弁護士連合会会長の著書。冥(ミョウ、メイ)は常用漢字になった。

(2010年04月05日)

選択肢と割合

めいり 2%
みょうり 98%
こんり 0%


所詮

答え
しょせん
(正解率 88%)

かつては経典によって説かれた仏の教えを表した。今は否定的な語を伴って「結局」の意味で使われる。詮の字は新常用漢字の一つ。

(2010年04月06日)

選択肢と割合

しょせん 88%
いわゆる 11%
つまり 1%


仏生会

答え
ぶっしょうえ
(正解率 83%)

釈迦(しゃか)誕生を祝して行う法会。灌仏会(かんぶつえ)、浴仏会(よくぶつえ)、竜華会(りゅうげえ)、花祭りともいう。釈迦像の上から参詣人が甘茶を注ぐなどの行事がある。元々陰暦の4月8日だったが、現在は奈良・東大寺や東京・浅草寺など新暦で行う所が多い。

(2010年04月07日)

選択肢と割合

ぶっせいえ 6%
ぶっしょうえ 83%
ぶっきえ 11%


天上天下唯我独尊

答え
てんじょうてんげゆいがどくそん
(正解率 49%)

釈迦(しゃか)が生まれたとき唱えたという言葉。天地間で自分が一番尊いという意味だが、命の尊さを示したと解釈される。天下(てんげ)は仏教での読み方。釈迦誕生は4月8日といわれる。

(2010年04月08日)

選択肢と割合

てんじょうてんかゆいがどくそん 49%
てんじょうてんげゆいがどくそん 49%
てんじょうてんかいがどくそん 2%


遊戯三昧

答え
ゆげざんまい
(正解率 31%)

仏の世界に遊んで何ものにもとらわれないこと。また、心に任せて自在にふるまうこと。遊戯を仏教では「ゆげ」と読み、特に禅宗ではとらわれのない自由な行動を指す。昧の字は新常用漢字の一つ。「三昧」はサマーディというインド語の音を写したもので、精神を集中すること。

(2010年04月09日)

選択肢と割合

ゆうぎさんみ 2%
ゆうぎざんまい 68%
ゆげざんまい 31%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ