源氏物語絵巻「宿木」

読めますか? テーマは〈宮中〉です。

スポンサーリンク

殿上人

答え
てんじょうびと
(正解率 81%)

宮殿に上がることを許された人。狭義には、平安京・清涼殿の殿上の間に出入りすることを許された人をいう。同義語に「雲上人(うんじょうびと、くものうえびと)」がある。殿(テン)の音読みは現行常用漢字表にある。

(2010年03月01日)

選択肢と割合

てんじょうびと 81%
でんじょうじん 7%
とのえびと 12%


勾当内侍

答え
こうとうのないし
(正解率 66%)

天皇への伝達をつかさどった女官。「太平記」に登場する勾当内侍は後醍醐天皇に仕え、後に新田義貞の妻となった。「勾当」とは「専門に担当する」意味。仙台市の勾当台公園は映画「ゴールデンスランバー」の舞台となった。勾の字は常用漢字改定案に選ばれた。

(2010年03月02日)

選択肢と割合

べっとうないじ 23%
むとうだいし 11%
こうとうのないし 66%


内裏

答え
だいり
(正解率 92%)

天皇の御殿のこと。天皇その人も表す。そして天皇をかたどったひな人形が「お内裏様」。「お内裏様=内裏びな」は「天皇、皇后の姿に似せた男女ひとそろいのひな人形」(詳しくはこちらの記事を参照)。内(ダイ)の音読みは常用漢字表に掲げられている。

(2010年03月03日)

選択肢と割合

ないり 6%
だいり 92%
ないくう 2%


采女

答え
うねめ
(正解率 78%)

宮中で天皇、皇后の日常の世話をした女官。和語「うねめ」の語源は諸説あるが、采女(さいじょ)という漢語をあてた。采の字には「取る」という意味があり、采女は「民間から選び取った女性」ということから。采は「サイ」の音読みで新常用漢字に採用。固有名詞としては地名(埼玉県三郷市采女など)、人名などに今も残る。

(2010年03月04日)

選択肢と割合

いらつめ 12%
うねめ 78%
さいにょ 10%


主水司

答え
もんどのつかさ
(正解率 91%)

「もいとりのつかさ」「しゅすいし」などの読みもある。「もんど」は「もい(水の古語)とり」が転じた。飲料水や氷などを扱う役所や役人のこと。故・藤田まことさんの当たり役・中村主水の名にも使われ、固有名詞としては今も生きる言葉だ。

(2010年03月05日)

選択肢と割合

しゅみずし 3%
みのちのかみ 6%
もんどのつかさ 91%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ