読めますか? テーマは〈若者へ〉です。

スポンサーリンク

真摯

答え
しんし
(正解率 96%)

「まじめ」のことだが、より重々しい語感がある。摯は昔の中国で、目上の人への贈り物を表した。そんな人に「まじっすか」などと言うと真摯でないと思われる。摯は新常用漢字。NHKの高校3年生対象の調査では「真摯に受け止める」を正しく読めたのは28.8%だった。

(2010年01月12日)

選択肢と割合

しんしゅう 1%
しんしゅ 4%
しんし 96%


毀誉褒貶

答え
きよほうへん
(正解率 79%)

ほめることと悪口を言うこと。古来、年配者は若者批評が好き。時には毀誉褒貶が激しくなるが、真摯に聞いておこう。毀は常用漢字に追加された。誉、褒は元々常用漢字。貶は不採用。

(2010年01月13日)

選択肢と割合

きよほうへん 79%
はんよほぼう 12%
らんよほうぼう 9%


反哺

答え
はんぽ
(正解率 52%)

親に恩を返すこと。哺は口移しで食物を与える意。カラスは年老いた親に餌を口移しで与えるといわれた。ましてや人間は、と親孝行を説く。哺は新常用漢字。

(2010年01月14日)

選択肢と割合

はんぽ 52%
たんぽ 42%
はんら 6%


自彊

答え
じきょう
(正解率 52%)

自ら進んで努力すること。彊の字に「強い」という意味があり、人名に用いられた。亡くなった広島、長崎での二重被爆者、山口彊(つとむ)さんもこの字の持ち主。現在は常用漢字でも人名用漢字でもない。なお中国・新疆ウイグル自治区などに使われる「疆」は紛らわしい別字。彊は弓へんだが、疆の部首は「田」である。

(2010年01月15日)

選択肢と割合

じちょう 17%
じきょう 52%
じたん 30%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から