読めますか? テーマは〈正月〉です。

スポンサーリンク

大発会

答え
だいはっかい
(正解率 66%)

証券取引所などの新年最初の取引のこと。従来、午前中のみだったが、2010年1月4日の大発会からは午後も行われるように。「発会」は月々の最初の立ち会いをいう。

(2010年01月04日)

選択肢と割合

だいはっかい 66%
だいほっかい 28%
おおはつえ 6%


睦月

答え
むつき
(正解率 98%)

「むつびづき」ともいう。陰暦1月の異称。親族などが仲良く睦(むつ)み合う月という語源説が有力。睦は常用漢字に採用されたが、「親睦」などに使われる音読みボクのみ掲げられ、「むつ(む)」「むつ(ぶ)」などの訓は見送られた。

(2010年01月05日)

選択肢と割合

うづき 2%
むつき 98%
ぼくげつ 0%


庚寅

答え
こういん
(正解率 14%)

訓読みでは「かのえとら」。年賀状や広告などでこの字を見かけることが多い。2010年は十干が庚、十二支が寅の年で、60年ぶりの庚寅の年。前回の1950年には朝鮮戦争が起こったり、自衛隊の前身の警察予備隊が発足したりしている。

(2010年01月06日)

選択肢と割合

きのえとら 78%
こういん 14%
こうえん 7%


人日

答え
じんじつ
(正解率 49%)

五節句の一つで、陰暦1月7日。中国では犯罪者の刑罰をしない日だったそうだ。七草がゆを食べる風習がある。五節句には他に上巳(じょうし=3月3日)、端午(たんご=5月5日)、七夕(しちせき=7月7日)、重陽(ちょうよう=9月9日)がある。

(2010年01月07日)

選択肢と割合

ひとひ 18%
じんじつ 49%
にんぴ 33%


雑喉場

答え
ざこば
(正解率 84%)

主に江戸時代の大坂にあった魚市場を指す。雑魚(ざこ)は昔、雑喉とも書いた。毎年1月9日にそこの商人が、今宮戎(えびす)神社に大きなタイをささげ大漁と商売繁盛を祈願していた。今も雑喉場の流れを継承する人々によって続く。落語家の桂ざこばの名の由来にもなった。

(2010年01月08日)

選択肢と割合

ざっこうじょう 12%
ぞうのどば 5%
ざこば 84%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から