読めますか? テーマは〈松本清張〉です。

面貌

答え
めんぼう

顔つきのこと。2009年に生誕100年を迎えた松本清張はインパクトのある顔立ちで知られる作家だ。1955年の短編「面貌」では、顔に可愛げがないため愛されない孤独な武将を描く。貌の字は新常用漢字にボウの音読みで掲げられている。

(2009年12月21日)

 この問題は回答データがありません

貪る

答え
むさぼ
(正解率 95%)

松本清張は小学校卒業後、電機会社に勤める合間に芥川龍之介の短編集を「貪るように読んだ」(「半生の記」)。貪は常用漢字改定でドンの音読みとともに採用されている。

(2009年12月22日)

選択肢と割合

あさ 4%
たぎ 1%
むさぼ 95%


填補

答え
てんぽ
(正解率 82%)

不足や欠損を埋め合わせること。今は「補填」という同義語の方が多く用いられる。清張は1951年、小説「西郷札(さいごうさつ)」が直木賞候補になり作家への道に。西郷札は西南戦争で西郷隆盛らの軍が発行した紙幣。西郷軍が敗れて紙くず同然になった。填は新常用漢字。

(2009年12月24日)

選択肢と割合

しんほ 4%
しんぽ 14%
てんぽ 82%


隠蔽

答え
いんぺい
(正解率 91%)

隠すこと。松本清張は「日本の黒い霧」などのノンフィクションで、戦後日本の事件の陰に隠蔽された真相を探った。蔽の字は新常用漢字。

(2009年12月25日)

選択肢と割合

いんとん 4%
いんび 5%
いんぺい 91%


神籠石

答え
こうごいし
(正解率 47%)

主に九州北部に集中する古代遺跡。松本清張は古代史の論考も多く「遊古疑考」という本に「神籠石は山城か」という章がある。籠は常用漢字改定で「ロウ」「かご」「こ(もる)」の音訓が採用された。

(2009年12月28日)

選択肢と割合

かみかごいし 15%
こうごいし 47%
しんろうせき 37%


春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter