読めますか? テーマは〈常用漢字から削除された字〉です。

スポンサーリンク

答え
しゃく
(正解率 86%)

容積や面積の単位。容積の場合、1勺は約0.018リットル。100分の1升、10分の1合に当たる。面積の場合、1勺は約0.033平方メートル。勺の字は常用漢字だったが、2010年の常用漢字改定で削除された。

(2009年11月30日)

選択肢と割合

1%
しゃく 86%
きん 13%


銑鉄

答え
せんてつ
(正解率 90%)

鉄鉱石を溶鉱炉で溶かして作った鉄のこと。不純物が多い。銑の字は常用漢字改定で削除された。ちなみに、12月1日は「鉄の記念日」。なお、新聞協会は「銑鉄」は使う機会が多いことから、それまでと同様に読み仮名なしで使うことを決めた。

(2009年12月01日)

選択肢と割合

さんてつ 5%
せんてつ 90%
れんてつ 5%


答え
つむ
(正解率 16%)

つむいだ糸を巻きつけるもの。ペローやグリムの童話で「いばら姫」はそれが刺さり長い眠りについたという。錘は「紡錘形」などの音読み「スイ」とともに訓「つむ」も常用漢字表にあったが、漢字「錘」自体が改定で常用漢字から削除された。

(2009年12月02日)

選択肢と割合

いかり 47%
ひたたれ 37%
つむ 16%


膨脹

答え
ぼうちょう
(正解率 95%)

大きくふくらむこと。脹の字は常用漢字だったが、改定で削除された。「膨脹」が代表例だが、学術用語や新聞などではほとんど使われず「膨張」と表記している。

(2009年12月03日)

選択肢と割合

ぼうちょう 95%
ぼうまん 3%
ほうはい 2%


答え
もんめ
(正解率 90%)

重量の単位で、1匁は3.75グラム。もと「文メ」と書き、それを組み合わせた字という。もはや子供の遊戯「花一匁」くらいでしか聞かないし、それさえ仮名書きがほとんどだ。常用漢字だったが、改定で削除された。

(2009年12月04日)

選択肢と割合

なかれ 10%
もつ 0%
もんめ 90%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から