読めますか? テーマは〈日本庭園〉です。

スポンサーリンク

枯山水

答え
かれさんすい
(正解率 88%)

「こせんすい」「かれせんずい」とも。「涸山水」という表記もある。水を用いず、石や砂などで水の流れを表す庭。京都の竜安寺(りょうあんじ)が有名。

(2009年10月19日)

選択肢と割合

かれさんすい 88%
かせんすい 3%
こさんすい 9%


枝折り戸

答え
しおりど
(正解率 72%)

竹や木の枝を折って作った押し開き戸。「柴折戸」とも。山道で木の枝を折って帰りの道しるべにしたものも「枝折り」という。新潟県魚沼市には枝折峠がある。尾瀬の地名の由来となった尾瀬三郎が道に迷っていると、童子が現れて枝を折りながら案内した――という伝説に基づくという。

(2009年10月20日)

選択肢と割合

えだおりど 8%
えおりど 21%
しおりど 72%


築地塀

答え
ついじべい
(正解率 58%)

土でつくった垣根のこと。単に築地ともいうが、築地(つきじ)と読むと「埋め立て地」の意味になる。築地(ついじ)は築泥(つきひじ)の変化という。09年10月の台風18号で、奈良・法隆寺の築地塀が一部はげ落ちる被害が出た。

(2009年10月21日)

選択肢と割合

つきちへい 18%
ちくじべい 24%
ついじべい 58%


鹿威し

答え
ししおどし
(正解率 92%)

竹筒をシーソーのように動かし繰り返し音を出す仕掛け。水を入れ、重みで傾いた筒が水を出すと反動で石に当たる。添水(そうず)とも。元は鳥や獣を追い払うためのものだった。鹿(しか)は新常用漢字に入り、「か」の読みも限定的ながら掲げられたが、「しし」「ロク」の読みは不採用。

(2009年10月22日)

選択肢と割合

ししおどし 92%
しかおろし 3%
かがし 5%


水琴窟

答え
すいきんくつ
(正解率 76%)

地中に容器を埋め、そこに滴り落ちる水を、琴の音のように聴かせる装置。江戸時代に始まり、一時すたれたが近年見直されている。窟(クツ)は新常用漢字の一つ。

(2009年10月23日)

選択肢と割合

みずことぐつ 1%
すいきんくつ 76%
すいこんどう 22%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から