読めますか? テーマは〈実りの秋〉です。

スポンサーリンク

極早生

答え
ごくわせ
(正解率 93%)

「早生(わせ)」は農作物のうち早く収穫できるもの。「極」が付いて「きわめて早く取れる」という意味になった。最近スーパーなどでも「極早生みかん」などを見かけるが、国語辞典には見当たらない。なお「早生」には「そうせい」の読みもある。

(2009年10月05日)

選択肢と割合

きわはやて 4%
ごくわせ 93%
きょくそうせい 3%


実生

答え
みしょう
(正解率 66%)

「みおい」「みばえ」とも。接ぎ木、挿し木などではなく種から成長した草木のこと。例えば、秋に落ちているドングリを拾って実生栽培すると春に芽が出る。

(2009年10月06日)

選択肢と割合

みせい 4%
じっせい 30%
みしょう 66%


新高

答え
にいたか
(正解率 75%)

新潟、高知両県が原産のナシの交配種。両県の文字を取り命名されたといわれる。大きいものは1㌔以上にもなる。

(2009年10月07日)

選択肢と割合

あらたか 12%
しんこう 12%
にいたか 75%


猿梨

答え
さるなし
(正解率 34%)

サルナシはマタタビ科。キウイの仲間で幻の果実といわれる。ナシはバラ科なのでサルナシはナシとは関係ない。梨(なし)は新常用漢字の一つで、猿は元々常用漢字。ただ新聞などでは動植物は一般的に片仮名で表記している。

(2009年10月08日)

選択肢と割合

さるなし 34%
えんり 15%
またたび 51%


沃野

答え
よくや
(正解率 66%)

作物のよくできる平野のこと。沃は新常用漢字案に選ばれた。沃は元は「水をかける」意味だった。「さんずい」にその名残があるが、転じて「肥えた土地」を表すようになった。

(2009年10月09日)

選択肢と割合

ようや 14%
よくの 20%
よくや 66%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から