読めますか? テーマは〈常用漢字への追加要望のあった字〉です。

スポンサーリンク

鷹揚

答え
おうよう
(正解率 83%)

「ようよう」とも。小さなことにこだわらず、おおらかなさま。鷹(たか)が大空を悠々と飛び回ることからきた。本来は別語だが「大様(おおよう)」とほぼ同義。鷹の字は新常用漢字案についての文化庁の意見募集で、追加要望の最も多かった字種。

(2009年09月28日)

選択肢と割合

ゆうよう 8%
おうよう 83%
たかじょう 9%


障碍

答え
しょうがい
(正解率 56%)

文化庁の09年春の意見募集で追加要望の多かったのが「碍」。旧国語審議会が1956年「障碍→障害」の書き換えを示した。最近「障害者」の害の字を避け「障がい者」と表記する団体が多い。碍は元の字が「礙」で「さまたげる」意味。

(2009年09月29日)

選択肢と割合

しょうがい 56%
しょうどく 12%
しょうへき 32%


瑕疵

答え
かし
(正解率 75%)

瑕も疵も「きず」のこと。ともに内閣法制局が文化審議会に常用漢字への追加を要請した字。09年10月1日施行の住宅瑕疵担保履行法など法律に使われている。

(2009年09月30日)

選択肢と割合

かきん 1%
かひ 24%
かし 75%


勾留

答え
こうりゅう
(正解率 92%)

「勾」の常用漢字への追加を内閣法制局が要望した。勾留は容疑者や被告を一定の場所に拘束すること。よく耳にする言葉だが、「拘置」などに言い換えが可能なので、追加は不要とする意見もある。

(2009年10月01日)

選択肢と割合

けいりゅう 5%
こうりゅう 92%
よくりゅう 4%


毀棄

答え
きき
(正解率 64%)

壊したり捨てたりすること。毀の字は「破れる」「欠ける」「傷つける」などの意味。内閣法制局は「毀」の常用漢字への追加を求めた。新聞では「名誉毀損」は「名誉棄損」と書き換えている。

(2009年10月02日)

選択肢と割合

きき 64%
はき 25%
はいき 11%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ