読めますか? テーマは〈唾〉です。

口角泡を飛ばす

答え
こうかくあわ
(正解率 81%)

つばを飛ばすほどの勢いで激しく議論すること。「口角」は、口の両端のこと。この例の「泡」とは、口の端から出るつばの意味。議論は大いに結構だが、インフルエンザの飛沫(ひまつ)感染は要注意。

(2009年08月31日)

選択肢と割合

こうかくほう 14%
こうかくあわ 81%
くちかどあわ 4%


眉唾

答え
まゆつば
(正解率 96%)

だまされる心配のあること。眉に唾をつけるとキツネやタヌキに化かされないという俗信からという。眉も唾も新常用漢字の一つ。用例「各党とも口当たりのいい選挙公約を並べていたが、眉唾ではないか」。

(2009年09月01日)

選択肢と割合

まゆつば 96%
まゆずみ 2%
まなじり 2%


唾棄

答え
だき
(正解率 67%)

つばを捨てたくなるほど嫌うこと。用例「選挙の時は平身低頭、当選した途端に居丈高になる者は唾棄すべきだ」。唾の音読みの熟語としては他に「唾液」がある。

(2009年09月02日)

選択肢と割合

つばくろ 12%
だき 67%
ずいき 21%


固唾

答え
かたず
(正解率 97%)

「固唾を呑(の)む」は成り行きを心配する様子を表す。新常用漢字表では唾の音訓は「ダ」「つば」だが、備考欄に「固唾(かたず)」の例がある。用例「開票速報に固唾を呑(の)む陣営」。なお「呑」は新常用漢字案選考では落選した。

(2009年09月03日)

選択肢と割合

なまつば 1%
こすい 2%
かたず 97%


天を仰いで「唾」する

答え
つばき
(正解率 73%)

天に向かって吐いたつばが自分の顔に落ちてくることから、他人を害しようとしてかえって自分が損をすること。仏教の経典「四十二章経」より。新常用漢字表では備考欄に「『唾』は、『つばき』とも」とある。

(2009年09月04日)

選択肢と割合

22%
よだれ 5%
つばき 73%


春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter