読めますか? テーマは〈雨〉です。

淫雨

答え
いんう
(正解率 35%)

長雨。ここでの淫は「限度を過ぎる」という意味。淫は「イン」「みだ(ら)」の音訓で新常用漢字に入った。

(2009年07月06日)

選択肢と割合

いんう 35%
みだらあめ 19%
みだらめ 46%


洒涙雨

答え
さいるいう
(正解率 32%)

「催涙雨」とも書く。七夕に牽牛(けんぎゅう)と織女(しょくじょ)が年に1度会った後の別れの涙とも、会うのを妨げる雨のことを指すともいわれる。洒の字は改定案を含め常用漢字外。

(2009年07月07日)

選択肢と割合

しゃるいう 37%
さいるいう 32%
しゅるいう 30%


私雨

答え
わたくしあめ
(正解率 23%)

限られた区域に降る雨。特に箱根、鈴鹿、有馬などで、ふもとは晴れているのに山地にのみ降る雨という。現行常用漢字表には私は「シ」「わたくし」の音訓しかなかったが、常用漢字案で「わたし」が加わる見通し。

(2009年07月08日)

選択肢と割合

しさめ 61%
わたしあめ 16%
わたくしあめ 23%


雨気

答え
あまけ
(正解率 44%)

「うき」とも。雨が降りそうな気配。雨模様と同じ意味と言いたいが、最近は雨模様に「雨が降りそうな様子。また、雨が降っている様子」などと、実際の雨の意を併記する辞書も出てきた。

(2009年07月09日)

選択肢と割合

うけ 46%
あめき 10%
あまけ 44%


怪雨

答え
かいう
(正解率 35%)

小動物や魚などが風で巻き上げられ、雨とともに、または雨もないのに落ちてくる現象。今年は、落下したとみられるオタマジャクシなどが全国各地で見つかる。鳥が口から落としたとの説もある。

(2009年07月10日)

選択肢と割合

かいう 35%
けう 51%
あやあめ 14%


春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter