読めますか? テーマは〈奥の細道〉です。

スポンサーリンク

二荒山

答え
ふたらさん
(正解率 81%)

栃木県日光市。男体山(なんたいさん)とも。空海がこの山の音読みから転じて「日光」の字を当てたという。岩波文庫版で「あらたうと青葉若葉の日の光」の上五(ああ尊い、との意)が「芭蕉自筆奥の細道」(岩波書店)では「あなたふと」。女性の恋歌みたい。

(2009年05月25日)

選択肢と割合

ふたあれざん 2%
ふたらさん 81%
ふっこうざん 17%


高館

答え
たかだち
(正解率 32%)

岩手県平泉町。源義経戦死の地とされる古戦場。館は常用漢字表では「カン」の音読みしかなく、改定で訓「やかた」が追加予定。「たち」「たて」は見送られた。芭蕉はここで「奥の細道」の有名句「夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡」を詠んだ。

(2009年05月26日)

選択肢と割合

たかやかた 8%
たかだて 60%
たかだち 32%


立石寺

答え
りっしゃくじ
(正解率 75%)

山形市。「りゅうしゃくじ」とも。通称は山寺。ここで「閑(しずか)さや岩にしみ入(いる)蝉(せみ)の声」の名句が生まれた。近くに山寺芭蕉記念館がある。

(2009年05月27日)

選択肢と割合

りゅうせきじ 11%
りっしゃくじ 75%
たていしでら 13%


象潟

答え
きさかた
(正解率 57%)

秋田県にかほ市。芭蕉が訪れた最北の地。「松島は笑ふが如く、象潟はうらむがごとし」と芭蕉は記す。「西はむやむやの関」。「うやむや」の語源といわれる。芭蕉は中国の美女・西施(せいし)の面影を合歓(ねむ)の花に見いだし、こう詠んだ。「象潟や雨に西施がねぶの花」

(2009年05月28日)

選択肢と割合

ぞうがた 11%
さきがた 32%
きさかた 57%


那谷

答え
なた
(正解率 27%)

石川県小松市。那谷寺がある。「那智・谷汲の二字をわかち侍(はべり)しとぞ」と「奥の細道」で芭蕉は記し、「石山の石より白し秋の風」の句を添えた。

(2009年05月29日)

選択肢と割合

なたに 7%
なや 66%
なた 27%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から