読めますか? テーマは〈新常用漢字から2〉です。

スポンサーリンク

鬱勃

答え
うつぼつ
(正解率 56%)

意気が盛んにわき起こること。鬱も勃も新常用漢字入り。鬱は病名などで知られるが、この字は木々が茂るさまも表し、他に「鬱蒼(うっそう)」の例がある。勃は盛んに起こることで他の熟語に「勃興」など。鬱は総画数29。正式採用時には常用漢字中最多となる。手で書くには鬱陶しい。

(2009年04月06日)

選択肢と割合

うつぼつ 56%
うっとう 17%
うっそう 27%


遡及

答え
そきゅう
(正解率 93%)

過去までさかのぼって影響を及ぼすこと。遡はさかのぼる意味。「サケの遡上(そじょう)」などで知られる。殺人などの刑事罰が消滅する「公訴時効」を見直す法務省の勉強会で、「遡及適用」の検討が始まった。これは、法改正前の事件までさかのぼって時効を廃止・延長することが可能かどうか検討するという意味。

(2009年04月07日)

選択肢と割合

ぎゃっきゅう 1%
そきゅう 93%
そうきゅう 6%


語彙

答え
ごい
(正解率 89%)

彙は「集める」ことで、ハリネズミという意味もある。新常用漢字に入った。用いる語が多いことを「語彙が豊富」という。聞いたことがあっても、手で書きにくい字といえる。

(2009年04月08日)

選択肢と割合

ごかん 4%
ごしゅう 7%
ごい 89%


訃報

答え
ふほう
(正解率 98%)

死亡の知らせのこと。訃が新常用漢字の一つ。訃は「赴」と同系の字で、「赴任」「赴く」で常用される「赴」にも漢和辞典によると「人の死を知らせる」意がある。約3000人の高校3年生を対象にした2004年のNHK調査では、「訃報」を正しく読めた率は12.8%だった。ちなみに現在の常用漢字の「急逝(きゅうせい)」は14.4%。若い人にはなじみのない言葉かもしれない。

(2009年04月09日)

選択肢と割合

とうほう 1%
ふほう 98%
せいほう 0%


昧爽

答え
まいそう
(正解率 75%)

夜明けのこと。昧も爽も新常用漢字入り。昧は暗いという意味で、曖昧(あいまい)、無知蒙昧(むちもうまい)などの語を形成。爽は颯爽(さっそう)、爽快(そうかい)で知られる。「さわ(やか)」という訓読みも採用された。 

(2009年04月10日)

選択肢と割合

まいさつ 7%
みそう 18%
まいそう 75%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

おすすめ