読めますか? テーマは〈新常用漢字案から「塞」〉です。

スポンサーリンク

閉塞

答え
へいそく
(正解率 99%)

閉じ、ふさぐこと。腸閉塞など病名などの専門用語としても使われるが、時代の気分を示す語として多用される。石川啄木の評論「時代閉塞の現状」(1913年刊)の影響か。

(2009年03月23日)

選択肢と割合

へいそく 99%
とじぶた 0%
へいさ 1%


塞翁が馬

答え
さいおうがうま
(正解率 88%)

「人間万事塞翁が馬」の略。塞はとりでのこと。その近くの翁(老人)の馬が逃げたが、名馬を連れて戻ってきた。その馬に乗った翁の子が落馬してけがをしたが、兵役を免れた。このように一時の幸、不幸は変転するという中国の故事。「禍福はあざなえる縄のごとし」と同義語。

(2009年03月24日)

選択肢と割合

そくおうがうま 4%
さいおうがうま 88%
さおうがうま 8%


梗塞

答え
こうそく
(正解率 81%)

詰まって通じなくなること。心筋梗塞、脳梗塞など血液の流れが悪くなる病気の名称で用いられる。梗も塞も新常用漢字案に入った。ともに「ふさぐ」という意味がある。

(2009年03月25日)

選択肢と割合

きょうそく 8%
こうさい 10%
こうそく 81%


塞の神

答え
さいのかみ
(正解率 77%)

「さえのかみ」ともいい、「障の神」「道祖神」という表記もある。旅の安全を守り、悪霊の侵入を防ぐ神。村境や峠にまつられる。イザナギノミコトがイザナミノミコトに会うため行った黄泉(よみ)の国から逃げ帰った時に投げたつえから生まれた神という。

(2009年03月26日)

選択肢と割合

さいのかみ 77%
そくのかみ 7%
ふさぎのかみ 16%


炉塞ぎ

答え
ろふさぎ
(正解率 80%)

春の季語。冬の間使っていたいろりをふさぐこと。茶道では、陰暦3月末に地炉(じろ)から、席の上で火を入れて釜をかけ湯を沸かす風炉(ふろ。「ふうろ」とも)に変えること。 

(2009年03月27日)

選択肢と割合

ひさぎ 17%
ろふさぎ 80%
とふさぎ 3%


スポンサーリンク
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆しました。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめです。

twitter

過去記事から